So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

八段審査までの二週間

久しぶり八段審査

審査は色々なな意味で、逃げたくなるような、いよいよ来たか、絶対に合格する、などその場面で感じてきました。

四段の時から一発合格は無くちいさな挫折を積み重ねて、今の七段を頂いています。

受験資格を頂いてから10年、挑戦は今回で七回目。

私の知る限りでは、一次合格一回、A判定二回、を頂いています。

今思う事、感謝です。

仲間が後ろで支えてくれ、審査員が私に丸をつけてくれた事、亡くなった女房が剣道の事に関しては何も言わず、そして深い所で心がけてくれていた。

今日墓参りに一人で行ってきました。

八段審査全力を出せるよう努力するねって言いました。

変な言い方ですが、結果より審査でいつもの気持ちを出せ、自分が満足出来たら、それで良いと思っています。

仕事もおかげさまで忙しく、朝起きる時「今日もしっかり動けそうだ」と感じるこの一瞬が幸せです。

お酒も飲んでいますが、外での飲み会極力参加しないのは、仕事、剣道、生活、のバランスを崩したくないからですかね。

数ヶ月前から、面打ちまでの入り方を二つ試しています。

そんな事を考えるのも審査という区切りがあるからですね。
nice!(0)  コメント(0) 

11月は鎌倉&紅葉

少し肌寒くはなったものの、紅葉の見ごろは鎌倉にはまだ来なそうだ。

11月12日は私の休みなので配達だけをしてから鎌倉へと向かった。

いざ鎌倉!

新宿から湘南新宿ラインで約一時間で北鎌倉につく。

紅葉のシーズンは決まって私は北鎌倉から鎌倉へ向かって歩きながら、いくつかの寺院の紅葉を見て歩くのが気にいっている。

鎌倉の紅葉は11月末あたりが見ごろというがもちろんその年によって違う。

北鎌倉に着いたのは11時を少し過ぎたころ、観光客も程良い感じはまだ紅葉が本番ではない証かもしれないと思いつつも、紅葉が素晴らしくても人込みは嫌なのでこれで満足。

いつもと違う風景が心を柔らかくしてくれる。

良い感じの紅葉が出迎えてくれた。

oo 013.JPG

oo 029.JPG

oo 030.JPG

紫の花が気品がある

oo 035.JPG

oo 044.JPG

oo 053.JPG

飾られている扇子が良い

oo 061.JPG

oo 069.JPG

お寺には不思議な力があると感じる

oo 081.JPG

oo 084.JPG

天気が良い事はカメラ撮りにとっては何よりも有り難い

oo 087.JPG

oo 097.JPG

oo 112.JPG

oo 131a.JPG

oo 138.JPG

猫も気持ちよさそうに寝ている

oo 151.JPG

oo 180.JPG

oo 182.JPG

oo 188.JPG

歴史を感じる

oo 197.JPG

たくさんの階段を上っています

oo 223.JPG

辿り着くと天狗

oo 224.JPG

oo 228.JPG

oo 246.JPG

富岡八幡はいつも人がすごい

oo 257.JPG

oo 267.JPG

素敵です

oo 281.JPG

oo 292.JPG

今日はかなり歩いたから帰るとするか

oo 298.JPG

予定より少し早く帰ったので、明日のために少し仕事をして家に戻ったのは七時過ぎ。

月に一回の休みも楽しく過ごせた事に感謝ですね

nice!(4)  コメント(0) 

十月の休みは小田原

剣道をしているからかわかりませんが、やはり武士道とか城、刀など興味がありますね。
東京の近くで綺麗に残っている城といえば小田原城。
北条家の城としても有名ですね。

22289716_1451684101593641_6001215479200435537_o.jpg

22256778_1451684438260274_7908383699319224816_o.jpg

22289963_1451684304926954_1675791723360998487_o.jpg

22291178_1451684514926933_5329786655335692801_o.jpg

数年前に行き、今回は二回目なのですが、昨年改築工事をしたとのこともありどうなったかと思い行ってきました。

22279802_1451684434926941_2749463704972186515_n.jpg

22289728_1451684431593608_4146999231211517395_o.jpg

外観は以前から綺麗でしたが、中が綺麗になりましたね、こんなことを言ってしまうのもいけないかもしれませんが、城の中というより展示品が並べられ、綺麗な美術館ですね。
何度も復活をしていることや、見る人を飽きさせない努力として私は良いとも思っています。
小田原城の横顔が好きですね。

小田原城を見てから海へと向かった。
とても散歩には良い街ですよ。

海へと行く道には綺麗な花や、味わいのある店がありますしね。
天気は良かったのですが、風が少し強く、そうだ波しぶきを撮ってみようと思ったのですが、これがなかなか難しかった。

22495994_1459651670796884_769898037167979755_o.jpg

22499015_1459651744130210_3155089476220372643_o.jpg

何事も見るとやるとじゃ大違いですね。

22499322_1459651750796876_1196122847293366334_o.jpg

22519891_1459651850796866_2620017488135762863_o.jpg

岩場では釣りをする人、人生を語り合っている人、そしてカニがちょろちょろ、でもすぐそこまで波が来ているのに見切ったかのごとく平然としている。

22528867_1459651987463519_6570137368580762730_o.jpg

22520236_1459651777463540_988319511048705858_o.jpg
海には二時間くらい居たかな。
単純なんだけど寄せては引く波が、飽きないんですよね。
一人で海も良いものです。
もちろん二人も良いですね。
今の私は一人で良いかな。

色々なことを考え、思いもこの波のように、ざぶん~とね。

海は飽きないですね。
少し長く居すぎました。
陽がくれてくると、そろそろ帰るとするかと来た道を戻ると小田原城がライトアップ!

22528936_1461306650631386_1794863710370952659_o.jpg

家路を急ぐわけでもないので、少し立ち寄ってみることにした。

22529002_1461306657298052_6039969729288354593_o.jpg

22538806_1461306747298043_1949515967497518193_o.jpg

風が柔らかい、その中におぼろげに漂う光が神秘的でもある。
お城はその時代の力の象徴でもあるが、美しくもある。
でもやはり戦国の世の戦で人が亡くなったことも事実。
時の流れがそのようなことを円やかにしてくれたのだろう。

22548731_1461306520631399_3778506015493167715_o.jpg

22548747_1461306410631410_8622740031600941100_o.jpg

22555408_1461306503964734_2187977864123843414_o.jpg

22555346_1461306727298045_6037576516717846208_o.jpg

前回には見なかった小田原城の別の顔が見えた。
お堀に花の光が投げ込まれるとそれはまさに灯篭流しのようにも見える。
予期せぬイベントにめぐり合え、少し色々なことも考えた。
帰りの電車の中で飲んだハイボールはいつものとはちょっと違った味がした。
さ、新しくまた輝き、努力して、元気で毎日を生きるとします。



nice!(2)  コメント(0) 

五人で汗びっしょり

昨日の稽古でいつもと違った感覚だった。
今私は稽古では小手と竹刀、二種類を使って稽古しています。
しっかり馴染んだ小手と、新しくまだ使いづらい小手、自分に合ったバランスと、あまりしっくりこない、また長さの違う竹刀、剣道をしていない人は分からないと思いますが、私は一番心の思いが伝わるのが小手だと思っています。
面、胴、垂も体に合っていないと支障は来ますが、それは守る方で、小手は守りもありますが、攻める、打つ、相手との理合など竹刀に伝えるバラエティーに活躍するより重要なものと位置づけています。
いつも考えていること、体の中心を考えるより、体の一番遠いところに神経を使う。
中心は心臓や腰だと思います。
一番遠いところは足のつま先、手の指先、頭のてっぺんなどです。
そこが気持ちよく動くこと、もっと言えば剣先が指揮者の指揮棒の先みたいにその曲のイメージ、盛り上がり乗ってくるみたいにピンポイントで振れる事。
小手の中の指先が快く動かないと気持ちも体も乗っていかないのです。
今審査前だからより動きやすくと思うかもしれませんが、今思い通りに動かないようにと新しい小手をはじめに使っています。
そして打ちもしっかり出来ないし、剣先の動きも微妙、そしてバランスの悪い竹刀を使うと全く動けない感じ、気持ちよく体が出ないのです。
まさにストレス貯まり放題。
そして今仕事が忙しく疲れている。
それで稽古すると、なんともお粗末な動きとなる。
そんなことを何度か繰り返していますが、なんだ今週の稽古、最悪だと自分で感じ、面を打つことさえ出来なくなる。
でも、いつも自分がこうだと決めた事最後までしてきたし、それで崩れたことも今までに何回もあるけど、最後にはそれなりになってきた。
一人目完全にだめ最悪、二人目小手を変える、少し良くなり動きが良くなる。
三人目竹刀も変えて稽古すると、自分でもはっきり分かるくらいどんよりした雲がすっとなくなるような気がした。
これ、この感じ、良いよ、抑えられていたギブスが外れて体が勝手に反応してくれている。
今までの不自由さが倍返しのように反応が良い。
少し前まで俺下手になったのかと少し心も凹むが、滑らかになれて打てる喜びを感じた。
人生も良いことばかりじゃないし、嫌なこと、辛いこともある。
でも、それを抜けたとき爽やかに、幸せを感じる。
もっと言えば普通に出来ていること、健康でいる事、そのありがたさは問題があって初めてわかるともいいますしね。
四人目の人との稽古は最後の方でいつもと違う入り、竹刀の動かし方など違う打ち方をしてみた。
打った。
相手は何だ!
と思ったのか、打たれているのに笑ってた。
言葉には出さなかったが、そんな真剣に打ったら反応できる分けないじゃない。とでもいっているように感じた。
五人目は審査の気持ちでかけてみた。
打たれはしたが、気持ちははまったって感じが気持ちよかった。
約一時間の稽古、五人だけど最悪と、最高を感じられた珍しい稽古でした。
五人で汗びっしょり。
nice!(1)  コメント(0) 

八段審査まで二ヵ月半

秋になると剣道も試合や審査など多くまりますね。

私も久しぶりの八段審査がありますが、今の感じとしては良くないですね。

少し前にま右足、右腰など右側に痛みを感じですっきりしていませんでしたが、今は右ひじに違和感がありなんかすっきり剣道できていません。

技が当たるとか当たらないとか、そんなことより体が納まりが良くないと言う感じですね。

今までは痛みは左側が多かったのですが、仕事の関係か今回は右側なのです。

おかげさまで仕事の方が少し良い感じで、朝から配達や仕上げなど昼ご飯は座って食べた事は最近は無いかな、もちろん車以外はずっと立ちっぱなし、昔は休んでばかりでろくに仕事してなかったですけどね。

アイロンや力仕事はやはり右側に力が入るからかな。

でも、今どん底って感じは良いかもしれない、下にいると言う事は後は上になって行く、いつも思う事は早く仕上げてしまうとその良い調子を維持しようとして結果的には勢いが無くなってしまう。

調子が悪い時は何とか今の状態を抜け出そうと気合いも入るし、上を見ている気にもなります。

面打ちも他の指導に身をゆだねると新しい感覚もありますが、我身を忘れかけてしまう、この歳になると長年やってきた事が、一番良いからここにたどり着いていると思っている。

後二ヶ月半自分なりなやり方で、体調を戻し、これしかできない面打ちを徐々に修正していこうと考えながら進めて行こうと思っています。

「切り結ぶ太刀の下こそ地獄なれ、身を捨ててこそあとは極楽」

私の好きな言葉です
nice!(6)  コメント(2) 

富士山は安らぐ

休みに富士山に行ってきました。

富士山に行く私なりの理由があります。

やはり写真です。
初めて一眼レフカメラを買った時中学時代の剣道の先生が富士山の写真を撮って見せてくれた時、なんと雄大で素晴らしく、心が円やかになると感じ、いつか一眼レフカメラを買ったら富士山を撮りに行こうと思い、その時が来た時、私は車に布団を積んで一人山中湖に向かったのです。

初めての車中泊も楽しかった。

そして朝起きると曇り空で富士山出てきてくれず、帰ろうと思った時、風が雲を引き払ってくれた。
それはまるで幕が上がり千両役者の登場
それはそれは感動しましたね。

それから年に一度は行きたいと思って続いています。
富士山に朝拝めたとき家族や、皆さんが元気で暮らせますようにと祈っています。
また車の中で一人でいる事で色々な事を考えたりもります。
小さな事で悩み、怒り、不満もある、でも一人で富士山の前で酒を飲みながら思うとね、俺はちっちゃいなって感じるんです。

生かせてもらえている、それだけで幸せじゃないってね。

都会に住んでいるから便利が当たり前とも感じてしまう、山を走ったりすると不便さを再確認出来る事。

もう私は都会でしか暮らせないと思うからこそ、苦労して努力して暮らす事に真っすぐに向き合う、そんな時間をほんの少し味わう事で日頃の周りの人たちに改めて感謝と思います。

仕事を早く上がり夕陽に間に合うようにと思って行ったけど、雲が厚く富士山と夕陽は撮れませんでした。

iu 070.JPG

iu 072.JPG

iu 074.JPG

会えなかったからまたチャレンジします。

七時を過ぎてあたりが暗くなると富士山の登山道だと思うのですが、光り始めて来たのです。

iu 103.JPG

iu 109.JPG

あとでわかったのですが、この日が登山の最後の日だったのです。
皆で降りて来たのでしょうね、その時は知らなかったから
なんだ?
火事か?
祭りか?
UFO?
そしてカメラを取り出してシャッターを切っては見るがなかなか上手く撮れませんでしたが、何とかこんな感じっていう写真を載せました。

朝5時頃目をさまし、日の出を待つ。

普段なら絶対にこの時間には起きないし、目をさましたとしても間違いなく布団からは出ない。
でも富士山の前ではこのおじさん元気になる。

そして薄明るくなると富士山が現れた。

iu 133.JPG

iu 142.JPG

iu 150.JPG

よ、待ってました。
そんな掛け声を掛けたくなりますね。

iu 175.JPG

iu 180.JPG

iu 184.JPG

iu 230.JPG

iu 242.JPG

iu 270.JPG

iu 272.JPG

iu 273.JPG

iu 285.JPG

でも、なかなかシャイな富士山は全身を見せてくれない、雲をまとってじらしてくれる。

富士山のご機嫌が良いうちに違う場所からと移動。

私は富士山左回りが好きで次は河口湖を目指します。

河口湖まで行く途中で色々な場所から富士山が見えるので好きなんですよね。

富士山はどこから見ても、美しく壮大で、素晴らしいのですが、山の形としては河口湖から見た方が頂上から裾までがなだらかで私は美しいと感じています。

iu 302.JPG

iu 308.JPG

iu 313.JPG

iu 318.JPG

iu 324.JPG

iu 325.JPG

iu 327.JPG

iu 350.JPG

iu 362.JPG

iu 370.JPG

iu 374.JPG



これは私個人としての感想ですのでお間違いなく。

雲が段々多くなって富士山が隠れて来た。
でも、私も日曜は三時から渋谷区の合同稽古会に参加する予定なので12時前には帰ろうとしないといけないので丁度良かったかもしれない、もしすごく良い富士山が現れたら、稽古会を止めるか?
今だから思いますね、稽古を選ぶか、富士山を選ぶか、
そんな状況にはならず、富士山は雲の中に身を隠してしまった。

いつも姿を見せてくれて富士山に感謝して帰りました。

高速の渋滞もなく一時に家につき少し休み合同稽古会へ参加しました。
稽古では皆さんとお願いしましたが、いつも以上に体の感じが良いのですよ。
今回私と稽古した人、今年一番の良い感じの私です。
もちろんたくさん皆さんに打たれましたが、楽しく心弾ませて稽古しました。

良くわかりませんが、自分の好きな事をして、心晴れやかになると剣もほほ笑むのかもしれませんね。
稽古も終わり、最近は稽古後の飲み会も無いので家に帰り風呂に入りビールを飲むと解けるように睡魔が襲ってきました。
こんな眠り方好きだな。
休みを満喫
今日の仕事も朝から全力でやらせて頂きました。
新しいイベントもまた始まり、契約の三カ月体調を崩さず仕事させて頂きます。
感謝です
nice!(3)  コメント(0) 

アフリカまで二時間弱

おかげさまで仕事を頂き忙しくさせて頂いていますが、やはり少し気分転換も大切だと思ってもいます。

午前にしっかりやる仕事を済ませ、アフリカに行ってきました。

家から二時間弱にアフリカがあるんですよ。

なんてね。

横浜動物園に行ってきました。

動物の写真を撮るのが好きなんですが、やはり遠くはいけないので多摩動物園、上野動物園、井の頭、それでも良い感じなのです。

動物園もやはり企業努力をしているのは色々な動物園に行って感じますね。

横浜動物園は少し前から行きたかったのですが、やはり少し遠い、来週から仕事も忙しくなるし、よし今日行くか!
一度子供が小さい時に行った事があるのですが、ほとんど記憶がありませんでしたから、新鮮でしたね。

ooi 011.JPG

ooi 039.JPG

ooi 040.JPG

ooi 047.JPG

ooi 056.JPG

ooi 094.JPG

ooi 104.JPG

ooi 154.JPG


ooi 217.JPG

ooi 235.JPG

ooi 257.JPG

ooi 302.JPG

ooi 323.JPG

ooi 325.JPG

ooi 338.JPG

ooi 343.JPG

ooi 353.JPG

ooi 359.JPG

ooi 363.JPG

ooi 373.JPG

ooi 386.JPG

ooi 387.JPG

鳥の写真です

私鳥を撮るのが好きなんです。

鳥ってなんかとぼけた表情に感じるんですよ

ooi 014.JPG

ooi 023.JPG

ooi 116.JPG

ooi 119.JPG

ooi 121.JPG

ooi 127.JPG

ooi 130.JPG

ooi 146.JPG

ooi 165.JPG

ooi 180.JPG

ooi 212.JPG

ooi 245.JPG

ooi 249.JPG



nice!(3)  コメント(0) 

八段審査申し込みました

東京で行われる八段審査会に申し込みました。

三年ぶりになります。

今まで一次審査合格一回、A判定二回頂いてはいますが、それは相手との関係が私にあったからだと、そしてその相手の方に今更ながら感謝しています。

学生時代が終わった時本当に剣道を辞めようと思っていました。

現に秘書時代の2年半はほとんどやっていなかったですし、再開した時も昇段なんて思ってもいなく、稽古やって汗かいて美味しいお酒が飲みたい、ただそれだけで始めたのですからね。

そんな私が八段審査に臨んでいる事自体、剣道の神様が笑っているのかもしれませんね。

審査まで約三カ月稽古も30回位です。

私の場合稽古回数が少ない方が良いみたいです。

一次合格した時は大きな地震のあった時、道場が使えず稽古が出来なかった。

年間稽古も40回位だったと思います。

今少し気になっている事は右ひじの痛みです。

おかげさまで仕事が仕事が忙しくアイロンを握る回数が増え、少し疲労が溜まったみたいです。

以前もあり医者に行ったら「テニス肘」と診断されました。

私テニスなんてやっていないし、剣道なんですが?

胴を打つと痛いんです。

まぁ、胴は元来下手くそですし、評価のレベルではないと思っていますが、その違和感を大きくさせないようにこれからの仕事、稽古に取り組んで行きたいと思っています。

行く先の大きなものを目指し仲間と一緒に歩んで行く、これも剣道の良い所ですね。
nice!(2)  コメント(2) 

九月の始まりは少し涼しい

暑いのが大嫌いな私は今ホッとしています。

昨夜は涼しくすごく寝安かったし、風が心地よかった。

季節が風で伝えてくれるのかもしれない。

仕事で移動していても暑いと気分がめげてしまうのが私です。

大好きな写真も暑いと撮りたいと思わなくなり、まして雨が混じるともっとダメですね。

でも、数日前に晴れ間の信号待ちの時目の前に東京タワー!


やっぱり私はこの建物好きですね。

子供の時に初めて見た時のイメージの感動が今でも残っているのかもしれません。

oo 010.JPG

oo 014.JPG

なんとも言えない安定感が好きです。

好きといえば今掃除が大好きになっています。

剣道を習い始めた時、稽古はじめは雑巾がけで道場を隅から隅までしていましたし、秘書になった時も朝は必ず代議士の玄関から部屋まで約30分が日課でした、もちろん自分の店もやっていますが、その掃除好きですか?

と聞かれたら、出来る事ならしたくは無いかなって答えると思います。

でも、最近買ったコードレス掃除機が私を掃除好きにさせてくれましたね。


安くはありませんが、自分のイメージにあった掃除機って感じなのですよね。

oo 050.JPG

家のために買ったのですが、気に行ってしまい、店用にもう一台買いました。

13000円なので二年も働いてくれたら文句はありません。

店はほとんど毎日使うので、それで充分です。

以前コードレス掃除機を買った事もあるのですが、今回のは違うんですよね、なんか面白いんです。

こんなおもちゃみたいなのでゴミ取れるのって思うけど、かなり取れるのですよ。

掃除をするってやる前は少し面倒だと感じるけど、やり終わるとすっきりって気持ちが良いですよね。

そこ、そのやる時に少し面倒

それが無く、変な言い方ですが、店明けで掃除機かけて、午後仕事が一段落したらどれだけゴミやほこりがあるのかなって、掃除機かけたくなるのですよ。

ごみどれくらいとれるかって感じる掃除は楽しみなのですよね。

お客様が来るお店ですから、綺麗にしておきたいですよね。

剣道や秘書時代、面倒だと思ってやっていた掃除が今楽しいんですよね。

家は週に一回三部屋の掃除機やお風呂掃除はすっかり身について、しないとかえって気持ちが落ち着きません。

oo 053.JPG

剣道も面と小手も日光消毒しています。

過ごしやすくなると色々な事をしたくなりますね。

nice!(5)  コメント(0) 

剣道はなぜ形があるのか

剣道は生涯真剣に出来る武道です。

どのスポーツも皆さん一生懸命生涯やっていると思いますが、剣道は段位という物が試合で強いというだけではなく、品格、雰囲気、などを重視するのです。

その段位に形があるのですが、やはり五段位までは形を昇段のためと思っている事が多く、審査が近くなると必死で覚える。

最近強く思う事、審査で受かりたければしっかり形をすることをお勧めしたいです。

これは形の審査ということではなく、形をすると下半身が安定してきます。

その安定感をまず見につけると実技審査で安定して打ちこめると感じました。

下半身の意味を感じる事の奥深さ

手先で早く打つ事ばかりが楽しいのがゲームなのですよね、ゲームはすぐ終わってしまいます。

形には終わりが無いんです。

もちろん私なりにも形の流れでちょっと気にかかる所もありますが、今は純粋にその形の作法を身につける事が剣道も良くなると信じます。

形は実技向上のための稽古だと思うと良いかもですね。
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -