So-net無料ブログ作成
検索選択

おそい面が打てた

剣道の試合だと早く打つ方が良いと学生の時は習ってきたし、やはり試合はどんな相手なのかもわからないから早く打てる技を持っていた方が得。

でもそれは相手も速さを競っているから、より早い方が良いと思う。

ある警視庁の先生が試合では早く面は打たないで、大きな波のように覆いかぶさるように打つと良い。

早い技はもちろん打てるけど試合で早い技を打つと応じ、返しはかえってはまりやすい。

大学生の試合なんかを見ていると早いが上にちょっといなされただけで体を崩して後打ちで負けたり、力を利用されて返し技で負けたりする。

でもおそい技を打って決まるのなら誰もがおそい技にするけどそのおそい技と言うのに大きな意味がある。

ただおそい技を打っても当るわけがないのは誰でもわかる。

でも、相手の気持ちの逆を打つとその技が当る。

サッカーでころころシュートと言うのご存じでしょうか?

このシュートは本当にゆっくりころころって感じでシュートするんです。

でもキーパーは動けない。まずは見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=CnMlHxymqVg&feature=related

これこそ『いつく』と『心の逆をつく!』

これが剣道でも出来るのです。

剣道に置き換えれば、剣先の触れ合うところから打ち間に入る時勢いをつけて攻め入り、力いっぱい早い技を打つ。

これでは入った瞬間に打ってくるって相手にわかってしまう。

それはいくら早く打っても避けられてしまう。

攻めるは気持ちで攻めて、相手の心や構えを崩す、そして相手は打たれまいと動作を起こすから打てる。

この前稽古会で先輩と稽古をお願いをした時、大きく構えて気合をためてゆっくりだけど、ぐぐってで感じで間に入れた、そうしたらそれに相手は反応してまだ面を打つ動作になっていないのに面を避けようという形に入った。

私は背が先輩よりも高いから上から打たれまいと思ったのか必要以上に避けようとしたから避けたしないが中心から無くなった、そこでゆっくり差し面を打ったら見事に決まった。

まさに打つ前に動作を起こしたから、その逆をゆっくり打った。

稽古が終わり先輩から『面がおそいから避けた後当ってしまったな』とまぐれ当たりのように言葉にしてくれた。

私は嬉しかった。

そう、意識的におそく打ったんだし、早く打たなくても面ががら空きになっていた。

相手を動かして打つ。

剣道界では『相手を使って打つ』という事ですね。

小手では私はなんといってもこれです。

http://www.youtube.com/watch?v=7Fsktv8uyec

本当に早くなくても、真っ直ぐ打っても当るんですよね。

ただその前にしなくてはいけないことがある。

それが何より難しいから、技の形だけをまねても決まらないけど、まずはまねることも大切だと思う。

私も審査でノーマークで当った面があるけど今でもなんで当ったのか分からない、八段はそれがいつでも出来るんですよね。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 2

kaneyan

氏家先生・・・
体育授業で剣道の先生として母校に来校されていましたよ。
授業後、稽古をお願いしていましたが、
超人でした・・・


by kaneyan (2010-10-08 01:44) 

義風

本当にすごいですね。
あんな小手打てないです。
そうですか、良い先生に教えて頂き良かったですね。
氏家先生の構えは170センチ前後の方には一番理想だと私は感じています。
矢野先生は神様みたいで、右田先生も素晴らしい人柄で私は好きです。
by 義風 (2010-10-08 17:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: