So-net無料ブログ作成

無視とは違う見守る力

辛いです。

と言ってくれるなら自分の持っている力、財力、人間関係などその為に全てを注ぎ力になりたい。

でも本当に辛いと思う人ほど言葉にはあらわせられないのかもしれません。

周りで感じる辛さ、どうしたら楽しく、少しでも辛いことを忘れられさせられるかと考えると、その立場の人しかわからないと思います。

剣道の団体戦では私は大将をほとんどしてきました。

前で決まる試合なら大将は関係ないのですが、重要な局面になるにつれ大将戦が多くなります。

大将を経験していないとわからない逃げ出したい心。

お互いのチームから「頑張れ」「負けるな」「集中」なん声がかかります。

大将をしていいると思います。
「そんなこと言われなくてもやっている、だったら大将戦にする前にお前が勝て」
「応援は嬉しいけど、ほっといてくれ。試合は勝つために行くんだから」
「俺だって負けたら仲間や先生や親や応援してくれている人に申し訳ないと思うし、相手の大将だって負けたらその全てを感じるんだ。」

そんなことをふと思い出しましたね。

でも思うんです。その時の負けって次の努力の肥やしと思うか、もうそろそろこの場から身を引こうかと感じるいい訳にしようかとね。

人を育て伸ばす指導法は色々しあります。

例えば

褒めて伸ばせ

いつも声をかけてあげる


もちろんもっとあると思いますが、それはその人の方向性、生きて来た流れでとても大切で、心に響くと思います。

いつもと違う感じになった時声をかけるのって、本当は大切なことかもしれませんが、というより私は会話好きなのでしゃべる前に相手の変化があると気にかけ言葉にしたりもします。
「髪切った」「少し痩せた」「その服良いね」なんて落語なら枕的な感じです。

でもふと考えるのです。

私は会話上手、場を盛り上げるなんていわれ、そうだなんて思われようとしなくても(すみません、時には自分がそう思われたいと思っていました)でも言葉は人の心を和らげ励ましにもなりますが、本当に弱っているときは静かにしていてほしい、限界の辛い時ほど本人が一番周りに悟られないように気を使って頑張ってそこにいるんだから。

こんなことを書くと私が患っているように思われますが、私は今は元気です。

だからじゃないけど、弱っている人にその力を、少しでも代わってあげたいとか、と思うのですが、それは大きなお世話かもしれません。

本当に辛い人は何も言いません、また過剰な声かけも厄介なのかもしれません、今出来る事はなんというか微笑ましく見守る自分の努力なのかもしれないと感じています。


無視とは違う見守る力(努力)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

波千鳥

少しタイムリーな話題でした。
肥やしにするか、別の道を探るか。
いつも順風満帆とはいきません^^;
by 波千鳥 (2016-07-25 08:41) 

義風

何事も分岐点はありますね。

by 義風 (2016-07-27 20:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0