So-net無料ブログ作成
検索選択

小手を買いました

安いけどとても使いやすい小手なんてす。
数年前に買った時に柔らかい、そう安いから薄い感じは否めない。
防具屋さんがこの小手打たれると痛いですよ?
「私小手打たれませんから!」なんて生意気に言って使ったのですが、本当に基本打ちの打たれる時は痛いです。
私は高級な物で自分に合わせるほど余裕がない、でも小手は素手に近くないと自分の思いが竹刀に乗っからない。
そしてなにしろ手が大きいので防具屋さんには一番大きい小手くださいといつも言う。
それでもちょっと小さい。
これ以上大きいとオーダーになってしまうと金額が何倍もなるというので色々試した結果一番安い小手が使っているうちに、手にあってくれたのです。
良い、つけている感じがない、指先の動きまでわかる。
その小手も弱ってきたので、同じ小手を買いました。
比べてみると、これが私の握りのかたち、そして小手の成長なんだと感じましたね。
写真撮ってみて感じましたね。

oo 011.JPG

oo 013.JPG

oo 014.JPG

oo 017.JPG

勝つための竹刀や剣道具、稽古の時の竹刀や剣道具、審査のための竹刀や剣道具、皆様も色々あると思いますが、それに出会ったとき覚えておく事は良い事ですが、歳を重ねるとまた変わってきますしね。
今は相手を打つ事より、相手がその気になってくれる事、紙一重で相手に、あっ!て思わせたい、そして相手を居着かせるのはどんな状況、攻め、入り、今稽古ではそこに取り組んでいます。
当てる、打つ、今はさほど優先的な事と考えていないかな。
早くも無く、力強くも無く、さらっと打って相手が風のように通り過ぎて行ったと感じられる剣道を考えています。
それにはやっぱり小手が思い通り、違和感なく、動いてほしい。
もちろん安価でなきゃ私は買えない。
この小手の値段は小手だけに片手です。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。