So-net無料ブログ作成
検索選択

大井競馬のナイター競馬

大井競馬のナイター競馬1 ほっこり的な写真


昔の地方競馬といえば柄が悪く、酔っ払いの親父がパドックで輪乗りしている騎手に向かって「下手くそ、しっかり走れよ!」なんてヤジを飛ばし、騎手も負けずに「うるせーな、酔っ払い」と言い返すのが三十年前の光景。

中央と違ってパドックも、馬場も近いからなんか仲間意識みたいに感じるんでしょうかね。

まぁ、それも楽しいっちゃ楽しいんだけどね。

私の親はギャンブル好きだったから、子供の頃競馬や競輪、競艇も行きましたね。

子供心に一番怖いと感じたのは競艇の雰囲気ですかね。

今じゃどれも綺麗で安全、ガラも悪くないみたいですよ。

大井競馬場は逆に府中競馬場より明るいというか、なにしろ都心にあるし、ナイターだと会社帰りの人たちや、デートコースのようにもなっているみたいですね。

食事も色々あるし、美味しいんですよね。

大井競馬は馬の名前も面白い
そんな中でも私がうけたのは「ネコグンダン」馬に猫と名前をつける。

uy 168.JPG

uy 172.JPG

uy 182.JPG

それがまた可愛いんですよ、めんこ(競走馬にかぶせる覆面のようなもの)が猫の絵になっていたり、それも二パターンあり、こんなこと中央競馬では絶対に無いし、引いている人のヘルメットにはニャロメの絵が手書きで書いてあったのですよ。

オーナーは猫が大好きなんでしょうね。

uy 196.JPG

写真を撮っていると騎手が私に気がつき、カメラ目線で薄い笑顔をしてくれているのも大井競馬ならでわですね。


少しお腹が減ったのでローストチキンを買いました。

uy 200.JPG

府中では必ず天丼を食べますね。


これがなかなか美味しいんですよ。

そしてレースに勝つと表彰式や記念撮影があるのですが、なんともこじんまり。

uy 222.JPG

そして日が沈むとライトアップされて競馬場が浮き上がるような感じなんです。

uy 391.JPG

綺麗ですよ。

誘導場のおねいさんは素敵ですし、私にカメラに手を振ってくれた。

uy 419.JPG

uy 497.JPG

ちょっと嬉しかったですね。


メインレースには女性五人のファンファーレがありました。

uy 426.JPG

uy 516.JPG

間近で見られてまたまた感動。

カメラの角度が、おねいさん鼻で吹くみたいに見える。

ゴール番近くに車椅子のおばーちゃんがいて、にこにこ笑顔で返し馬を見ていた。

「写真撮らせていただいて良いですか?」と声をかけ、シャッターを切った。
馬が好きで見に来ているとの事、人も少ないからゆっくりじっくり見える。

ここは間近で馬の走る姿が見えるし、躍動感も伝わってくる。

この写真今日一番良いかもしれない、大井競馬場のPR写真

uy 471.JPG

「馬が大好きだから、大井競馬」
これで広報部にでも投稿してみようかな。


以前来たときは指定席で上から見ていたし、そのときはカメラも趣味ではなかったから大井競馬の楽しみ方が半減していたかも、こんなに近くで写真が撮れる、邪魔なものがあまりない。

たくさんのカメラマンがいて、少し話もして設定など教わったことは何よりも収穫でしたね。


私の買ったカメラはやはり前のとは機能が数段上みたいです、というのはカメラを見てもらいこのカメラならこの位ISO感度を上げても大丈夫とか、シャッタースピードはこの位が夜競馬には良いなど、親切に教えてもらいました。

競馬は少し負けたけど、得るものは多かったかも。

競馬の写真を撮るのなら、府中よりも大井の方が良いですね。

有名なお馬さんは走らないけど、すごく撮りやすいです。

また来ようかな


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0