So-net無料ブログ作成
検索選択

ビデオは良い先生

時々は自分の姿をビデオにとって見たほうが良いと私は言うのですが、特に六、七段の人ですね。
七段なると注意してくれるのは八段か師匠しかいませんからね。
稽古に限らず審判姿や、形もですね。
肉眼では絶対見られないのは自分の姿です。
自分では真面目に真剣に稽古に取り組み気合も出していると感じていても、本当にその気持ちが稽古姿に表れているかなのです。

私が一番嫌いなのは稽古や試合や形などの内容を他人からとやかく言われることです。
今の剣道界で完璧な人がいないから十段がいないと思うのです。
七段だって理想に当てはめれば間違いだらけだと思います。

それなのにちょっとしたことを見つけるとさも私だけが気づいたかの如く、権田君のためだから言うんだけどあそこはこう治したほうがいいとか、ゴンちゃんに注意する人がいないからあえて言うんだけど、とはじまります。
親切ぼかしに言ってくる人が時々いるのですが、聞く耳がありませんし、記憶していると気分も悪くなりますのですぐに忘れます。

本当に親身に私のことを思って指導してくれる人は言葉だけではなく、その前に色々なことを気にかけ助けてもくれますし、尊敬に値する行動もしています。
それが師匠であり信頼している先生なのです。
色々聞けば迷いも出てきます、責任も無い言葉に振り回されればかえって下手に向かって稽古しているのと同じなのです。

私の指導は厳しいと評判ですが、それは誰にもではなく、いつも稽古している仲間や弟子たちに限ってです。いつも厳しい言葉を言う後に「本気で合格祈っているからね」と思っています。

合同稽古会や別な場所で稽古させて頂いた時には絶対に偉そうな事は言いません。
自分が嫌なことは他人も嫌だと思うので良かれと思っても偉そうな言葉は控えます。

それでもなにか注意点があればと聞かれますがいつも決まったようにこう答えます。
『皆さんとても素晴らしい剣道ですので私が言うことはありません。あ、一つありました、稽古であまり私を叩かないで下さいね。』

現に稽古ではたくさん打たれますからね。

ビデオは本当に良い先生です。
厳しいコメントも言わないし、お世辞も言わない。
ありのままの姿をそのまま自分に見せてくれるのです。

先にも言いましたが、七段だって理想に当てはめれば間違いだらけだと思っています。
でも、人はそれぞれ違った環境で剣道に接しているのですから全て理想形にはなれません。

でも、今自分が注意していることや気になっていることを確認できるのです。

治すことは大変ですが、まずは今の自分をしっかり確認することがより大切だと思うのです。

私は時々左足のアキレス腱や腰が痛くなります。
アキレス腱は構えの足幅広くなると痛み、腰は上半身が反り返るようになると痛くなる傾向にあります。
でも自分ではその都度治していると思っているのですが、自分で見ることは出来ません。

背中も丸くなってしまうのも身についた駄目な癖ですね。

それをビデオで確認できるのです。
上達するよりも大切なのは体に痛みを残さないことだと思っています。

痛い所があると稽古も楽しくありませんしね。

よく言う相手がやりやすければ格上の人に上手く打てたり、その逆に下の段位の人でも上手く打てなかったりするのはなぜかとかわかるのもビデオのおかげです。

久しぶりにスマホで撮ってもらいました。

そして自分の稽古を見たらなぜ最近左のアキレス腱と腰が痛いのかがわかりました。
また、こんなにも相手によって違う剣道しているのかと感じましたね。

いくつかの稽古を載せて自分なりに感じたことを書きます。

六段の後輩との稽古

https://www.youtube.com/watch?v=M9ITwx8p06Q

私が確認したかったのは今の自分の構えと背中の線と足幅なのですが、別なことの方が強く感じましたね。

六段の後輩だけに当たるという前提に何も苦労や攻めの厳しさも無く打っている。
当たらないから当てようと思い足幅が広くなり、正しく中心を攻めてない。
これじゃ、まったく打ちとはいえないなぁと感じる。

ペースを変えようと見せかけの突きや大きく振りかぶりの面も正しい道ではなく、相手を困惑させるためだけの行動に過ぎない。
突きを突くなら腰から行け!
北海道出身の弟子との稽古は突きばっかりなんですが気合が入ります。

いつも当たるから当たって当たり前、だから気持ちに張りもなくなり、構えからにじみ出る大きさが欠けてしまっている。

七段らしく稽古しろ!

自分が自分に言うのだから一番厳しく言えるのもビデオだからですね。

つくづく師匠との稽古とでは気持ちの入り方が別人だ。
昔のビデオを参考までに

https://www.youtube.com/watch?v=rHkfXFmCrWo

次は最近合格した六段の弟子との稽古

https://www.youtube.com/watch?v=9nBwhd7pLH0

弟子と稽古は心が取り戻す。

自分より弟子の成長を感じ、良い面打つようになったなぁと打たれて嬉しくもなります。
しっかり中心をとって打ちに入る。

当たらずとも残心はしっかりとっている。
上半身の力に負けていた下半身が安定している。

一年前までは素人ぽさが抜けない構えだったのが審査が近くなると変わってきた。
合格して定着している。
成長を感じるのは良い稽古ですね。


私の尊敬する館長との稽古

https://www.youtube.com/watch?v=B1zawftxHH4

格上でも、心が安心して、慌てず、預けている。
構えも足幅も自然と治っている。
心が座っている感じに見える。

稽古しているときはどの相手でも同じ注意点を考え取り組んでいるのに全く違う感じだ。

同じ稽古場なのに別な日に撮り直したのか?と感じるくらい私には違って見える。

仲間や弟子から以前言われたことがある。
先生は審査のたびごとに構えや重心の位置など色々変わるし、稽古でも変えて出来るのが本当に器用ですね。

八段一次合格したときの審査を見ていた人が、権田さんじゃないと思いました。
あれなら合格します。だって。

その前だって今一歩のAだったんだけどね。

でも、わかるような気がします。
私の中の心構えを変えて審査に望みましたからね。
それが雰囲気として出たんでしょうね。

おまけ
久しぶりに息子と稽古しました。
これは構えとか上達のことより楽しみですね。
一年ぶりくらいの稽古ですかね。

https://www.youtube.com/watch?v=844low9-18I

おまけ2
突き上手いんですよね。
素直な心だから突きが当たるんですよね。

https://www.youtube.com/watch?v=cxcAPUc4tpM

上達を目指す稽古も大切ですが、こんな気持ちが柔らかくなる稽古も大切だと感じています。

ながながご覧頂きありがとうございました。

暑いけど本番はこれから

暑い日が続きますね。
でも暑さのピークはこれからなんですよね。

私の一日の行動と着替え
朝七時過ぎに店に入り、前日準備していた水洗い、ドライ洗いの洗濯物を洗う。
ここでTシャツ短パンに着替える。
八時位から仕上げ仕事に取り掛かる。
二階が仕上げ場所になっていて、そこには大きなダクト式のクーラーが入っている。
部屋全体を冷やすことはクリーニング屋さんでは不可能なので集中的に冷気を集めるダクト式が一般的なのです。
冷気が届かない場所は、全ての機械が熱を発し、蒸気が立ち上り、40度を越えるサウナ風呂みたいなのです。
仕上げは色々と動かなくてはならず冷えた場所と暑い場所を移動すのるで体的にはあまり良くないですね。

汗が出れば水分補給ですね。
三十分も経たないうちに一リットルくらい飲みますね。

九時半にパートさんが来るのでワイシャツなど仕上げやすいように準備も整え、仕上げは一度区切りをつけ配達に出る。

汗びっしょりのTシャツを脱ぎ、ワイシャツに着替える。

だいたい12時頃に店に戻ります。

ww 053.JPG

午前中はいくらか涼しいとはいえ今は30度を越えていますので、汗かきますね。

店に帰るとすぐにTシャツに着替え昼食をとります。
食事するのも暑いです。
そして集配してきた物を確認し、配達中に洗ってある洗濯物を仕上げる。
五時くらいまで仕上げや翌日の仕事の準備をするとやはり大量の汗が出ますね。

この時点で四リットル位の水分を補給しているかな。

その後店番となるのでワイシャツかポロシャツに着替える。
そして八時で終了。
そしてTシャツと短パンに着替えて家に帰ります。

これがだいたい一日のペースですね。

水曜日は三時から六時まで剣道の稽古が入りますから着替えも多くなりますね。

一日五回くらい着替えていることになりますね。
着替えるといってもTシャツですので簡単ですし、クリーニング店ですのですぐに洗って乾かすので手間は大したことはないですけどね。

毎年夏場はこんな感じですね。

暑いのが苦手な私がこんなに暑い業種で働いているとはね。

でも、配達のとき見かけるサラリーマンの出勤風景や営業マンの背広姿を見ているとどの業種もこの時期は大変と感じますね。

気を引き締め仕事頑張りましょう。
昼間かなり水分を取って入るものの、夜のビールが美味いのが楽しみでもありますね。

仕事帰りに空を見たら良い月が出ていたので写真を撮りました。

ww 010.JPG

月見酒もなかなか良いものですね。

44aa.JPG

鳥と月
もちろん加工写真ですが、なんか気に入って載せてみました。

ほっと一息

今の時代は移り変わりも早いし、仕事でも真剣に取り組まないと置いてきぼりにもなってしまうので気を張っていることが多いと思います。

当たり前ですが、やはり休養も大切だと思うのです。
たくさん休みを取らなくても一日の中で気を休めることも大切じゃないかと感じています。

私は写真やこのブログや仲間との剣道で良い息抜きをさせていただいているので今のところ体も心も健康だと思っています。

先日西郷山公園の近くを通ったので久しぶりにちょっと寄ってきました。

gg 080.JPG

目黒渋谷世田谷の区界に位置しているのに自然があるのですよね。
この公園の珍しいのは斜面になっているのです。

gg 077.JPG

夏の日差しの池もなかなかおつな物です。
お弁当を食べている人がいました。
仕事で気を張っているからお昼はなるべく緑の多いところで食べているかもしれませんね。

恵比寿に駐在所があったのです。

gg 084.JPG

渋谷に駐在所?

gg 086.JPG

私の駐在所というと警察官が生活をしながら勤務をしている、地方など交通機関が行き届かないところにあるイメージなんですよね。

それがお洒落な街の恵比寿にあるとは?

建物の造りは生活が出来るような一軒家にもなっていますが、今は住んではいないのかもしれませんね。

昔のままが今に繋がっているのかもしれませんね。
閑静な住宅地にポツンとある駐在所、時代の流れで街はどんどん移り変わっていくけど駐在所だけ取り残された感じのレトロ感がいい。

お台場の周りもすっかり変わりましたね。

gg 089.JPG

私が学生の頃は何も無い埋立地でしたが20年位前から開発が進み、フジテレビをはじめ色々な建物が出来ましたね。
そして今はオリンピック関連の建物がすごい勢いで建設されているのです。

gg 090.JPG

大型クレーンが何台もフル稼働で動いている姿は未来都市でも造っているかのように感じましたね。

gg 091.JPG

この暑い時期に工事関係者も大変ですが、オリンピックに間に合わないと大変ですからね、頑張ってください。

東京オリンピックは元気でしっかり見たいですね。
人生の中で二度日本のオリンピックを見られることはなかなか無いことですので楽しみにしています。
それには元気でいなくてはですね。

日々の暮らしの中で、気を引き締めながらもあまり無理をせず、良い息抜きをして元気に生きて行きたいですね。

ほっと一息、好きな言葉です。

抜歯その1

朝から少し落ち着かない心で仕事に向かう。
暑いし時間指定の仕事もあり気を抜いて仕事は出来ないけど、ほんの少しだけ隙間があった。
そう今日は抜歯の予約が入っているのです。
風邪気味や疲れていると以前から奥歯がしみて痛みがある。
ぐらつきも大きくなってきただけにもう抜こうと決心して予約を入れた。

仕事も順調に終え夕方に備え、店番を母親の頼み歯医者さんに行った。
やはり痛みますか?
抜く方向で行きますか?
と最終確認に私は、よろしくお願いします。
冷たいビールを心置きなく口いっぱいで飲みたいので抜いてください。

奥歯がしみるので気を許して冷たいビールを一気に飲むとキーンと痛みが脳に走るのです。

汗かいて心待ちにしていたビールが痛みの根源に針を刺すかのごとく、刺激するのです。

あああ、待ち焦がれていたもので大痛みを感じるのではなんだか精神状態も良くないのです。

医師はわかりました、抜きましょう!
でも役所の指導ですぐには抜かず一度治療してから、それでも駄目なら抜くというお達しがあるのです。すみません緊急以外はこの指導を守るように言われているので、今日は検査と他の歯の治療にして土曜日に抜くようになりますが、よろしいでしょうか?

医師は気まずそうに、少し困惑していた。

そうですか、そんなふざけた指導があるのですね。
私が痛いから抜いて欲しいといい、医師もこの状態なら痛みもあるし納得と感じているのに、一回は治療しなさいと役人が現場にいないのに法を定める。

たいした金額ではないが一回の治療費は無駄ということにもなる。

その余計な一回も国の保険が使われることにもなるんですがね。

はやくすっきりしたく抜歯の痛みの覚悟をして半日過ごした私のモヤモヤをどうしてくれるんだ?とも言いたいところだけど、まぁ我慢できない痛みでもなく普通にしていれば忘れてしまうほどなので土曜日を待つことにします。

歯石を取り少し歯を削ったので口の中はやっぱり爽やかです。
そんな小ざっぱりした口中に冷たいビーを流し込んだ。

もちろん左に首をかしげて冷たいビールが右上奥歯に気づかれないように。

美味い!やっぱり仕事上がりは冷たいビールに限る。

盆踊りと褒め得

近くの公園で盆踊りをやっていたので仕事帰りにのぞいてみた。
子供の頃は祭りと盆踊りが何より大好きでした。
正確にはそこに出る露店が好きだったんですよね。

遊びの無い時代でしたから本当に一大イベントという感じで待ちどうしかったことを今でも覚えています。

でも人出が少なくなった気がしましたね。
それでもやはりそこにいるだけで嬉しい気分になれますね。

ter 010.JPG

射的よくやりました。
今考えるとあんな小さなコルク玉で大きなプラモデルが落とせるわけ無いのに必死にやっていましたね。

ter 022.JPG

焼き鳥いいですね
大人になってからはこれですね。

盆踊りもおば様たちにとっては見せ場なのですね。

ter 020.JPG

ter 032.JPG

ちょっと神秘的に撮ってみました。

これ大好きなんです。
ベビーカステラ

ter 033.JPG

かっこいいおにいちゃんがせっせとやっていたのです。
暑いのに偉いですね。
写真だけを撮るつもりだったのですが、このおにいちゃんの一生懸命さとベビーカステラの香りに誘われましたね。

お兄ちゃんと私のか会話

二人の目線が合った。

「いらっしゃいませ、いかがですか?」
「そうだな?500円のをくれる。」
「ありがとうございます。20個ですね。」

「はい、あまり黒くないのがいいかな?」
(少々焦げているのが合ったので)

「わかりました。」

お兄ちゃん小さなスコップみたいなもので数を数えながら袋に入れ始めた。

数を数え二回くらいで調整して入れると思うのですが、二回目のすくいの時半分くらいちょっと形悪いのがあった。
言葉は交わさずとも二人には暗黙の了解があった。
ここで売り側が救いなおして良い物に取り替えるのか、それとも気がつかないと思ってそのまま入れるのかのなんともいえない切羽の間があったのです。

私は本当にそれでもいいよと思っていた。

でも、二人の視線は一致している。
0,5秒の間で葛藤しているお兄ちゃん良い人になるか、儲けを優先させるか?

だから言葉を出した。

「暑いのに大変だね!若いのに偉いね。」
「ありがとうございます。本当に毎日暑いですね。」
その言葉で何かが踏ん切れたかのごとく。
お兄ちゃんの右手のスコップがもう一度ベビーカステラの谷間に突き刺さり持ち上がった。
明らかにそのスコップに盛られているベビーカステラは一度目、二度目よりも多く積まれていた。

さっきまで詰まれた隙間のカステラを正確に数えていたのに全くといっていいほど、どうでもいい感じでそのカステラが袋に入るや否やお兄ちゃんは袋をとじた。
「大サービスです。ありがとうございました。」

「ありがとう。家族で美味しく食べますね。」
二人はとても良い笑顔になった。

この若者今の仕事も良いけど不動産屋さんの仕事したら絶対に成功すると直感した。
不動産は金額も大きいし難しいと思いますが、最後は人の心を感じられどっちが得した、損した、とかの感覚を残さず商談が終わったときこんな人ともう一度仕事がしたいと思える人が不動産にむいていると思うのです。

一般的には不動産は一生に一回のことだからそのときだけと思いがちですが、一生の物だから心に嘘がない人から買いたいと思うと思うのではないでしょうか?

今まで自分や知り合いも含めて10件近くの取引に関わりましたが、担当者が良いと値段よりも最後は納得できましたね。

褒めることは少しサービスしていただけますね。
でも、褒め言葉をどこで入れるタイミングが難しい!

落語の「時そば」ですね。

時が経つのが速い方が好き

朝から暑いけど酒を控えめにしているから体調は良いのでなんとか乗り越えている。
この暑さで二日酔いなら仕事なんて出来ませんからね。
まだまだ元気で働いて借金返さなきゃね。
でも、そのことが心の張りとなり今は毎日が努力と感謝です。
10年前に今の心だったら借金完済しているだろうなと苦笑いですね。
借金といっても店の改装費と住まい住宅ローンです。
決してギャンブルや変なものに手を出した借金じゃないですよ。

日曜も仕事で大変ですねとお客様に言われてなんか嬉しい気分です。
自営業で日曜は一人で仕事ですので働いているというより、生活をしている流れですね。
それでもいつもの店番しながらのゆっくり日曜営業とは少し違い、企業様からの仕事が明日午前中なのでしっかり仕上げがあり朝から動きましたね。

本当にありがたいです。
暑い時期、店は暇な時期に入ってしまうので企業様からの仕事は助かります。

動いていた方が時間の経つのも早いですからね。
50歳を越えると一年が本当にあっという間に過ぎるという言葉をよく聞きますが、私はもっと速く進んでほしいと思っています。

あっという間にとか一年が早いというのはあまり苦労や嫌なことが無いからだと思うのです。
たぶん速く進むということは歳を速く重ねてしまうわりには、良い事楽しいことがないと思うのかもしれませんが、

私は嫌なことさえなければそれで幸せと思っています。
食べ物や欲しい物や旅行や望みの興味がなくなったわけではありませんが、今は心穏やかに一日が過ごせればそれに越したことはありません。

あ、一つあった今困っていること奥歯が痛くぐらついている。
数年前から今度痛くなったら抜きますか?と医師からは言われているのです。
下の歯はとっくに無いので奥歯だけに無くてもいいと思っているのです。

なにしろ下の奥歯全て私はありません。
食事はどうやって噛んで食べているのか?
前歯で噛んで食べますよ。

硬いものは昔か苦手ですので不自由を感じていませんし、口は小さいから奥歯が無くてもわかりませんしね。

でも、このところ痛みがあるのです。
体調が悪いときは歯が痛くなるのです。
自分では体調はいいと思っていますが、このところ色々あり体や精神的に疲れ気味なのかもしれませんね。

ということで火曜日に歯医者に行って抜きます。
あああ、それ少し憂鬱。
医師とは気持ちが会うので好きなのですが、治療がね。

とても上手なので痛くは無いのですがやはり麻酔というのが口全体をぼあーんとさせる、これが凹むんですよね。

仕上げ仕事も午前中には無事に終了。
そして次は仕事のことでお客様のところに行き話しをしてご理解を頂き感謝しました。

仕事も落ち着いたところで金魚の水を替えようと前から考えていたので店番を母親に頼み行いました。

通常ですとだいたい三十分位で終わるのですが、今日はちょっとしたトラブルがあり一時間以上かかってしまいました。

水槽の掃除に限らずまずしっかり準備、段取りをしてから取り掛かります。
金魚を一時的にバケツに移してやるのでなるべく早くしてあげたいですしね。

夏の日差しで水槽にはコケが生えてしまったので念入りに磨きます。
だいたいの工程が進み終了間近に水槽になにやら亀裂みたいな傷を発見。

あ、やはり亀裂だ!
さっき少しぶつかった記憶もあるし、1500円で二年以上使ったし、金魚も大きくなりもう少し大きいのに変えようかと思っていたので、慌てるというより良いきっかけと島忠に行って一つ大きいサイズの二千円の水槽を買って来ました。

kif 004.JPG

kif 006.JPG

kif 008.JPG

やはり綺麗です。

kif 010.JPG

少し水槽が大きくなり金魚も泳ぎやすそう。

kif 017.JPG

店員さんに水槽大きくすると金魚も大きくなりますよね?
はい、そうですね、体長は20cmを越えることはない思いますが、そのかわりひれが長くなるかもしれませんね。

まぁ優雅でいいかな?

水槽変えも無事に終わり、本日の昼食は気がついたら三時でした。

あっという間に三時だ。

その時々に真剣に取り組むから時間が速く経つのですね。

ひまわりの季節

最近私が少し目立つと感じているのがひまわりなんですよね。
以前は都会でひまわりを見ることは少なかったように思うのですが、ここ数年多く見かけるようになったのです。

tr 034.JPG

品種改良したのかわかりませんが、サイズも花びらの形も色々あり見ていても良い気持ちになるのがひまわりなんですよね。

tr 033.JPG

しっかりした庭だけではなく、道端の少しの隙間などにも元気に咲いているのですよね。

女房の実家が北海道なので夏に帰ると広大なひまわり畑を見ることができるのですが、都会の隙間をぬって咲くひまわりもおつなものですね。

暑いときは花も疲れやすいと聞いたことがあります。
この時期は台風もあり雨風も直接当たれば草花も大変です。

ひまわりはそれでも元気に笑っているように咲いているのです。
偉いですね。

見かけによらず少々なことでも深く考え込み、凹んでしまう私にはひまわりが羨ましいですね。

剣道なら打たれ強いのですが、生きていく上で起こる試練は自分の弱さを痛感しますね。

太陽に向かって花開く向日葵のように、明日も元気で努力します。

今日の昼ごはん

食事は本当に大切だと感じますね。
私は夜の食事は家で食べ、朝昼は店で食べるので一週間に一度まとめて食材を近くのスーパーに買い物にいくのですが、食材で季節も感じますね。

落語で千両みかんという噺があります。
真夏にどうしてもみかんが食べたいという噺です。
真夏にみかん?もちろん日本の旬ではありませんが、今ではハウスなどで栽培して少々高額ですが店頭に並んでいます。
江戸時代のようなハウス栽培も保存も無い時代では一個千両の値段がついたという噺です。

昔は食全てが季節なのですね。

私は毎日ではありませんが、時々簡単な朝昼兼用の料理をします。
料理を作るのもちょっとした気分転換でもありますし、なにしろ安上がりですしね。

ご飯は一度に三日分炊いて小分けして冷凍します。
朝は納豆、もずく酢、海苔、ふりかけが定番で、青汁も飲んでいます。
昼はもちろん肉も時々食べますよ。
でも最近は暑いから料理をしなくなりましたね。

自然とお弁当やパンも多くなりますね。
最近近所に海鮮丼屋さんが出来たのです。
すし屋さんがはじめたテイクアウトの海鮮丼屋さんらしいのです。
少し小さめですが全部540円と手頃ですし、一度にたくさん食べなくなった私にはいいかもと昼ごはんに買ってきました。

rew 040.JPG

うにネギトロ丼
横にあるのは昨日私が作った煮物。
ごぼうと鶏肉と大根と玉ねぎの煮物を作ったものです。
一日経ったから色的には美味しくなさそうですが、煮物は翌日が美味いですよね。

お弁当に入っているうにはもちろん生ではありませんが甘みもあり美味しかった。
ネギトロもふんわりして美味しくこれなら540円は安いと感じましたね。

メニューは60種類以上あり、週一で食べてみようかな、一年楽しめますね。

ちなみに私の好きな海の食材ベスト5
ホタテ
えび
マグロ
うに
カニ

カニが五番目?と思うかもしれませんが、おごってもらえるなら一番ですけどね。
自分で買って食べるならカニカマで大満足です。
今の加工品は本物より美味しいかもと思うものもありますしね。

暑い日が続きますのでしっかり食べないと倒れてしまいますね。

大阪じゃないけど「食い倒れ」じゃなく、暑さで「食わず倒れ」は危ないですからね。

命を漢字で分けると、人が一叩きとなります。
脈が止まれば死んでしまいます。
生きるということは元気で過ごしたいですね、元気で生きることは心臓が休まず一叩きして血を送ってくれるからなのですよね、それをスムーズにするのは色々ありますが、食事も重要なことですね。
自分の体ですが、周りの人も幸せになります。

美味しいものは笑顔になりますね。

師匠との稽古

高校時代の剣道が私を変えた。

その師匠が稽古に来てくれた。

なんといっても気合いが入る。
私の弟子も私と稽古するときはいつも緊張すると言っていたけど、それでいいと思う。

師弟関係は打つとか打たれるとか、上手くやらなければとかじゃなく、今の全力を出せる関係だと感じています。
八段は何かが違うと思うのですが、今日は少しだけ感じたことがありました。

稽古感謝です

今日で一カ月

一か月前に一ヶ月間毎日ブログを書き込んでみようと思ったのです。
そんなに毎日変化があるような生活もしていないし、何もないことが幸せと考えているこの頃なのですが、どんなに小さなことでも書き込むことが幸せの再発見かと思ったのです。

今日でちょうど一か月が経ちました。

ご覧頂いた皆様に心より感謝致します。

なんでもその場限りのような性格な私が続けられたこと、それは皆様がご覧いただけていることが励みとなったことは一番ですね。

これからも少しでも幸せと感じたことを書き込んでいきたいと思っています。

感謝

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。