So-net無料ブログ作成

弟みたいに感じている仲間と稽古

もう20年以上剣道を通して付き合っているから弟みたいに感じている仲間が稽古に来てくれた。

嬉しかったですね。

最後に立ち合いをしたのですが、楽しかったですね。

打つ打たれるじゃなくて、信じている稽古というのが最高でした。

https://drive.google.com/file/d/0B_-LafkSWWVsYlUtV0NDTmdmVG8/view


中野区殺人事件

ニースでもやっていましたが、中野区で殺人事件が起こりました。
なんと我家から歩いて五分もしないところなのです。
家の近くだけにパトカーはたくさん来るし、ヘリコプターもかなり飛んでいましたね。
まだ犯人は捕まっていないということですが、近くに住んでいるのでやはり気になりますね。
早く捕まらないと、また職務質問にあいそうだな。
以前年間八回職務質問にあったときはさすがに凹みますね。
そんなに私が怪しく見えるのかってね。

その後まったく職務質問は受けていませんよ。
私は真面目に生活しています。

こうしてみるとなかなか可愛い

夏になると色々な昆虫が飛んできますけど、ちょっと厄介に感じています。
はっきり言うと苦手なんですよね。
子供の頃からあまり虫は得意ではなかったので、昆虫採集なんてしませんでしたね。
その遺伝か息子も虫は大の苦手みたいです。

でも写真を撮るときは興味ありますね。
トンボや蜂や蝶などすごく不思議な表情になるのですよね。

先日私のバイクのバックミラーに蛾か蝶かわかりませが止まっていたのです。

ut 019.JPG

普段から見かける小さい虫なのですが、しっかり見たことなんてありませんし、興味も無かったのですが、その時は店番中でカメラの設定や操作を試すために外に出たときに偶然に出会ったのです。

ut 028.JPG

そしてカメラを通してしっかり見るといがいと可愛い表情していると思ったのです。
もちろん触る気なんてありませんが、徐々に近づいていくと細い足でしっかり立っている姿がけなげでもあり、またちっちゃいけどしっかり生きているという力強さも感じたのです。

ut 029a.JPG

苦手なものもレンズを通せば興味が沸いてくるというところですかね。

剣道と顔はバランス

美男子といわれている俳優がこんなことを言っていました。

「美男美女といわれる人とそうでない人は、そんなに目鼻口の位置が特別違う訳ではなく、数ミリの位置や大きさの違いだけなんです。基本的には左右のバランスが整っていることが良く見えますね」

この話しを聞いたときに剣道の昇段が浮かんだのです。

このブログにも七段までなら合格できるとか、弟子が合格したというような書き込みをしていますが、私が七段になり、その通ってきた中で感じたことをその人に合わせて指導すればだいたいの人は七段までなら合格できると思っています。

自分の指導の自慢か?
本当に合格させられるのか?と思うかもしれませんが、実際に周りは合格無理だよという人を合格させられたと思っています。

ただ最初に見てこの人はいくらやっても無理だと思う人は指導をお断りします。
その判断基準は素直な心を持っているか、そして私との相性がいいかですね。
全ての人と気が合うわけではありませんし、やはりこの人に教わろう、全てを信じようと思う心が一番大切だと思います。

もちろん私より立派で素晴らしい指導者はたくさんいますし、自分にあった師匠を見つけることも剣道修行の一つかもしれませんね。

顔の良し悪しはやはりバランスだと思うのです。
美男美女はみんな同じ顔かといえばそうではなく、目の大きい人もいれば切れ長の人もいるし、口も鼻も大小さまざまだけどそれにあった良い顔の人もたくさんいると思うのです。

ここで間違ってほしくないのは私の良い顔の人というのは、まず嫌われない顔、嫌味が無い顔、明るい表情などがベースとなります。

審査も嫌われない(当てることばかり考えない)、嫌味が無い(正しい礼作法)、元気良く(正しい気合)明るい(打ち抜く潔さ)剣道をする人が昇段していくと思うのです。

私の教え方は独特ですので習っている人はこんなことやらされて本当に大丈夫か?と感じることも多々あると思います。
だから素直に信じる心があり、疑わず稽古を続けられるかが重要なポイントなのですね。
素質もあり、素直だとしても、すぐには身につかないのが剣道ですので、不思議だ?こんな稽古で平気か?などの疑惑を持って何十回もの稽古は耐えられないと思います。

また指導でも試合と審査では真逆といっても過言ではないと思っています。

試合で勝たせたいならその人の持っている中で一番良い技を磨き上げるように指導します。
不得意な技はかえって打たない方が良いので、重要に稽古しなくても良いのです。
あとは絶対に打たれないという執念を叩き込みます。

審査合格させたいと思う指導なら、まずは正しい礼法と残心を稽古中常に気にします。
腕力、筋力より礼儀作法が一番と思っています。

技も良い技より不得意な技というかマイナス的な要因になる技を徹底的に直します。
不得意な技が急に得意な技になる稽古ではなく、マイナス的な要因を持っている技をわざわざ打って落ちることは無いと思うのです。
打たない努力をするのではなく、打っても審査でマイナスにならないその人に合った打ち方を考え教えます。
致命傷な粗を無くすという考えですね。
秀でた事をより安定的に見せるなら、不得意な事でマイナスにならないように心がけるバランスですかね。

審査では二本打ったから合格!ではなく、打つ前の攻めや雰囲気、打った姿、そして打った後の姿の方が重要視されると思っているのです。
試合なら当たったという瞬間の「点」ですが、審査ではプロセスと残心までの「線」で考えることなのです。
先の技はもちろんですが、後の先といわれる応じ返し技も大切な技ですが、なかなか難しい技です。

逆に背の低い人にとっては面打ちが不得意という剣人もいると思うのです。
その人にあった得意な技は違うのです。
だから指導も違って当たり前なのです。

得意な技は自分にも自信があるから落ち着いて対応できるのですが、不得意な技を打つとき頭に浮かぶのは、上手く当たるだろうか?返されたらどうしよう?など自分にとってもマイナス的なイメージになっていると思うのです。

だから私は「不得意な技を打つときは当たらなくていい。形をするような気持ちで打ち終わった姿を考えて打つ」と思っています。

結果を悪いイメージで打って当たるわけがないのです。
最初から当たらないけど審査の流れで出す技と思うことが大切だといいます。

得意な技でも全て相手に当たるわけはありません。
でも、自信を持って打った技だから少々当たらなくてもその姿は評価の対象になると思うのです。

大人の人を指導することは、本当は心苦しいこともありますが、合格したときにこの人と一緒に喜びたいと思うので時には厳しく、妥協もしません。

私の指導が上手というのではなく、その人自身が持っている力を出せるよう言葉にするのだと思っています。
技術的に教えることが出来るのなら、大学の剣道教授になれますしね。
最後は自分を信じて努力できるかどうかが分かれ目になりますね。

人の言葉はちょっとしたきっかけにしか過ぎないのです。
本当に合格したいという執念が本物かどうかだと思います。

先にも言いましたが

>ただ最初に見てこの人はいくらやっても無理だと思う人は指導をお断りします。
その判断基準は素直な心を持っているか、そして私との相性がいいかですね。
全ての人と気が合うわけではありませんし、やはりこの人に教わろう、全てを信じようと思う心が一番大切だと思います。

私は指導が上手いのではなく、弟子になりたい、教えてくださいと言われたときこの人なら六段、七段になれるとわかるのかもしれません。

指導より予知能力があるのかもしれませんね。

その分記憶力がないのでそれが私にとっての良いバランスかもしれません。

久しぶりな場所

すごく行きたい訳でもないけど近くを通ったらよってみたい所ってあると思います。
最近よくテレビでぶらり旅的な番組がありますが、しっかり計画を立てずに出かけてみようというのも意外と楽しいものですね。

日本は安全ですからそれも出来るのでしょうね。

先日新井薬師に立ち寄ってきました。
息子が通っていた高校の近くでもありますし、住まいと同じ中野区なので取り立てて行こうとは思わないのですが、やはり色々と新井薬師には思い出がありますね。

da 032.JPG

da 035.JPG

昔と変わらず良い雰囲気で落ち着きます。

別な日ですがお台場にも寄り道して来ました。

da 008.JPG

夏はフジテレビのイベントが開催しているのでにぎやかなのでしょうが、朝だったので人の出も薄かったですね。

わざわざじゃなくても、ちょっと10分の寄り道で懐かしくもあり、心も嬉しくなりますね。

仕事はしっかり時間の中で行わなくてはいけませんが、その隙間の時間が楽しい心にもなるかもしれませんね。

健康なうちに動くのではなく、健康でいたいから動き、色々な出会いに感動するのかもしれませんね。

玄関ドアが新しくなりました その2

電話の対応も丁寧だし、なんか決められた言葉で対応している感じではなく親近感がありましたね。

現場を見て最終の見積もりを出しますとのことで、数日後我家に会長さんが来てサイズを測りこれなら大丈夫ですといわれ、ドアの希望はありますか?の問いに、工事は早く、価格は安いドアでお願いできますか?

わかりました。
パンフレットから選び出し、これがこのサイズで一番安いものになります。
おいくらですか?と聞くと。
全て込みの値段で212,500円になります。
今月注文するとTポイントカードが13,000円つきます。
色は三色で、工事は五、六時間になります。

ということは20万円を切ることになる。
これは安い。
安さの理由を聞くと玄関ドア専門ということで品物も安く入る。
なるほど、リフォーム全てしますということになれば、色々な物を手広くやらなくてはならないし、在庫も出てくると思うのです。
一本に絞ることで無駄を無くすということですね。

そして工事も基礎が使える建物はそれを利用して使い、その上からかぶせることで安く出来るとのことなのです。
幸いにして我家の外枠はしっかりしているのでその方式が使えやすくすんだとのことです。
まったく違うところに玄関を造るとなるとやはり50万円位は掛かってしまうのでしょうね。

見積もりに来て30万円を越えたらもう一度考えようと思っていたのですが、品物も良いし雰囲気も悪くない、そして会長さんとの会話も何か息があった感じにもなり、その場で決めました。

それから二週間後に工事が入りますと連絡を頂き、工事日を迎え無事に終了しました。

工事してくれた職人さんもとても丁寧で、一生懸命取り付けてくれる仕事の姿を見てこの会社は大きくは無いけど心を込めてしてくれるんだと感じましたね。

マンション住まいの方にはドアの交換なんてピンと来ないかもしれませんが、一軒家ですと雨風や汚れがドアにまとわり着き錆びたり腐ったりして開閉や見た目が悪くなるのです。

我家も中古で買い、改装してそろそろ30年経つので色々なところが痛んできますね。

ドアが新しくなっただけで別な家みたいな感じにもなるものですね。

da 019.JPG

夜帰ると我が家じゃないみたい。

da 026.JPG

しっかり朝見ました。

良い仕事をしてくれたのは玄関ドア専科という会社です。

http://www.genkandoor.jp/?gclid=CMqE9uqOg8cCFZcsvQodexcMXw

対応、仕事、金額など含めて私が感じたのはとても良い会社だと思いました。
そして気持ちよく最後までなにも問題も無く行ってくれたことに感謝しています。

朝方は小雨が降る中での作業も大変だったと思います。

来週はお風呂の最終打ち合わせがあり値段が折り合えば契約しようかと考えています。

改装で気分も変わり、また一所懸命努力できる心になりましたね。

玄関ドアが新しくなりました

数年前から玄関ドアとお風呂を新しくしたいと考えていましたが、なかなかきっかけがつかなかったのですが、一枚のチラシを見て安価でなかなか良いと思い、それなら一度見てみるかと思ったのです。

以前にも電話で別な業者に問い合わせたこともあるのですが、お風呂は約百万円、玄関ドアの取替えは約五十万円といわれて次の一歩が出なかったのですね。

やはりそのくらいはすると思っていましたが、先立つお金が無いのですよね。
その時は子供たちもまだ学生でお金も掛かりましたしね。

でも今は三人とも働いているし、家にもお金を入れてくれているのでそれならと思い一歩踏み出したのです。

お風呂は新宿にあるクリナップのショールームに行ってきたのです。

やはり綺麗ですし、対応も素晴らしく丁寧で良い感じなのです。
少しだけ見るだけと思っていましたが、段々本題に入り大まかな見積もりをすることになったのです。
大まかに出た金額は私たちの予想金額より安いし感じも良さそうなので話しが進み、本格的に下見をして寸法などを測りしっかりした見積もりをしたいというので本日二人で来ました。

そのお風呂の話しを進めると共に玄関ドアのこともネットで調べたのです。
ネットは手軽に探せますが、本当にその金額でいいものを備え付けてくれるのか心配もありましたが、玄関ドア専門の業者が目に止まり調べてみると評判も悪くなさそうだし、何しろ金額が安いのです。

今はだいたいが見積もり無料ですし、またお客さんも数社の相見積もりをとって決めるのも当たり前になっているみたいですね。

ネットではセール中品が全て込みで17万円とあったのです。

はいはい、こんなの良くありますよね。
電話をしてみるともう完売しましたといわれ、別なものを紹介されることも良くありますしね。
でも、問い合わせてみようかと思ったのは店のホームページに会社で飼っている猫のブログがあったのです。
猫を飼っている我家としては猫を飼う人に悪人はいない!と思ったからなのです。

会社は千葉だけど東京の仕事が多いらしいのです。

つづく

岩合さんのふるさとのねこ

今日岩合さんのふるさとのねこ写真展見に行ってきました。

場所は渋谷ヒカリエ。

ny 282.JPG

渋谷の開発が良く見えます。

ヒカリエは仕事で週に二回行っているのですが、写真展に行くとなると無料の搬入の駐車場には止められなかったですね。
良い人ぶるのではなく、自分が仕事で駐車の順番待ちをしている時本当に困る時があるんですよね。
だから仕事でも自分が入った時は少しでも早く用事を済ませその場を出ようといつも思っているのです。

一時間800円は少し高めな駐車代ですが、心がゆったり見れるならそっちの方がいいと思うのですよね。
楽しむときは堂々としていたいですしね。

ny 286.JPG

良い写真がたくさんありましたね。

猫も写真も私は好きだから見入ってしまいますね。

我が家の猫も数日前に撮ったのですが、だらけています。

ny 229.JPG

ny 217.JPG

変な顔も面白い。

駐車場にいた猫が昔飼っていた猫に似ていて懐かしく感じてしまいました。

すごく慣れているのです。

ny 245.JPG

ny 248.JPG

ny 268.JPG

とてものびのびして良いですね。
初めて会ったのですが、これから仲良くしたいですね。

おまけ

ネットの麻雀ですうあんこタンキ出来ました。

ny 230.JPG

久しぶりのダブル役満です。

今はこのゲームしているのがいい時間の過ごし方ですね。

実際の麻雀はもうやらないのかもしれませんね。

お盆休みその2

松本に行く途中に上田城に寄って行くことにした。

お城の跡に県立上田高校があるのです。
門構えがやはり重厚でしたね。

natu 098.JPG

学力も優秀ながら、スポーツも活躍している、まさに文武両道なのです。

そこから松本城には一時間位なのですがもう夜という状況では安全運伝でいきます。

雨は小ぶりになったものの初めての土地でなおかつ坂道、そして今までかなり怖いというイメージもあり慎重に走りました。

何とか松本城についた時は8時30分でしたね。

山道を越えると急に都会的な街が広がり驚きましたね。

そして目の前に松本城が表れた時は感動しましたね。
その大きさと美しさと貫録を感じましたね。
いっぺんに疲れが吹っ飛びました。

natu 104.JPG

natu 106.JPG

natu 113.JPG

natu 125.JPG

natu 130.JPG

natu 133.JPG

natu 138.JPG

natu 139.JPG

natu 141.JPG

natu 144.JPG

ライトアップされて浮き出る城って感じでしたね。

人もそんなにいなくのんびり写真を撮れ大満足でした。

素晴らしい被写体を撮るといつも感じるのはそのものを本当に表せる力がまだないということ、そのうちに、おおお・・と言葉が出るような写真を撮れるよう努力と研究します。

写真も撮ったし、寝る場所を探すか?と見渡すと都会的な街なので道の駅がないのです。
松本城の駐車場もあるだろうと思っていたら夜は締め切りなのです。

これは困ったぞ、コンビニの駐車場というのも知り合いは良いよと言われましたが、なんか止めずらいですしね。

そして20分位探すと公園があり50台位止まれる無料駐車場があったのです。

これは良いと車を止めてトイレの場所を確認するとすぐ近くにあり、ジュースの自動販売機もあったのです。
これなら道の駅と変わらないとホッとしましたね。

車を隅に止め持ってきた焼酎を飲みながらおにぎりとシュウマイ、焼き鳥を食べながら色々な事を考え、また今日の運転しながら感じたことも考える。

会話じゃなく一人静かに夜空を見ながら考えるこのことも本当に好きなんですよね。

明日はどうする?
雨が降ってたら帰ろう、日本海までは三時間そこで雨だったら写真は撮れないし、今は疲れてはいないけど、今日300キロくらい走っているので精神的にも疲れているのかもしれない。

今松本城を見て感動も嬉しさもある。
まぁ、明日起きて決める事にした。

11時近くなっていたし、持って行った焼酎もなくなり車の後ろのベッドで眠った。

恐れていた熱帯夜もなくそのままで寝る事が出来たことは神様のご褒美かもしれないですね。

夜中にちょっと変わったことがありましたが、ここには書き込むことはできませんので、私に会った時に聞いてくださいね。

笑えるというか、今までの人生の中で初めて見た光景でもありますね。

車中泊をするときはだいたい朝は5時前に目が覚める。
まだ薄暗いのも良いものです。

雨がほんの少し降っていた。

今日は帰ろう。そう決めた。

でもただ帰るのもつまらず、どこを見て帰るかと思い地図を見た。
一般道で甲府周りで帰れば富士山に会えるかも?

そしてカーナビをセットして出発。

時間はたっぷりあるから気になったら寄道もしていこうと考えた。

そして韮崎を通った時昔の家屋敷みたいな建物が所々にあったのです。

そして善光寺と書いてある看板が目に入り、善光寺って長野だよな?
別院か関連のお寺かもと思いよってきました。

やはり甲斐善光寺は長野善光寺ともゆかりあり、重要文化財にもなっているお寺でした。

素晴らしいお寺でしたね。

natu 181.JPG

natu 173.JPG

natu 180.JPG

こんな出会いも楽しいですね。

富士山に行くまでに少し気になると車を止めて見ながら行くのもカーナビがあるおかげで、出来る事ですね。

そして山中湖に到着すると晴れてはいたのですが、厚い雲が富士山を隠していて見ることはできませんでしたが、なんかホッとしましたね。

natu 196.JPG

湖畔でゆっくり時間を少し良い空気を吸ってきました。

まだ午前中だけど帰るとしょう渋滞もあるかもしれないし。

高速の上りはいい感じで流れていたのですが、下り車線をみたらなんとも大月から断続的に渋滞しているのです。

上りも東京に近づくと高井戸出口渋滞と書いてあった、調布あたりから減速状態にも入ったので私は調布で降りる事にして、親父の墓参りをしていこうと思ったのです。

久しぶりに親父とツーショット写真を撮ってみた。

natu 206.JPG

家に着いたのは二時頃で風呂に入り、今回も無事でよかった、ありがとうございましたと思いました。


お盆休もその1

昨日起きた時東京は雨で計画していた一人旅も止めようかと思っていたのですが、段々雨も弱くなりそれならいけるかもとおにぎりと焼き鳥とシュウマイを準備に入った。

他のものは全てセットしてあるので食べ物と飲み物です。

よし行こうと10時30分に布団を車につみ出発しました。

今回の目的は五個
1、日本海を見に行く。
2、権田の名前のルーツを確認する。
3、城を見る。
4、お寺や神社を見る
5、リラックス

まず群馬県高崎を目指し関越に乗り2時間で到着

高崎城の跡地

natu 005.JPG

次は高崎観音にいこう

natu 010.JPG

natu 016.JPG

次は権田の名前のルーツを確認しに行こうと向かった。
地名が権田で権田城があったのです。

natu 060.JPG

なんか面白い看板

natu 065.JPG

natu 064.JPG

権田の渡辺?
今までなかった感覚なだけに可笑しい。

そしてお城の場所を聞くためにお寺に聞きに行きました。

natu 066.JPG

ご住職が丁寧に教えてくれましたが、今は畑になっていますとのこと。

natu 074.JPG

natu 077.JPG

少し高くなった所にお城があったらしいのです。

周りが堀ですね。

今は畑です。

129961718277016219972_s10kurabutigonnga04.JPG

権田城の説明もありました。

子供のころは権田という名字が大嫌いで、結婚したら別な名字になりたいと本気で考えていましたね。
権田の反対はだんごですので嫌でしたけど、大人のになって権田という珍しいことと我風貌が一致してすぐに覚えてもらえ好きになり、今はどんないきさつで権田という名字がついたかに興味がわきましたね。

そうこうしていると小雨が降ってきたのです。

次は榛名湖に行こうと思っていたので山道に入ると雨が強く降り出して来たのです。

急な上り坂が続き大雨が降ってくる。
軽自動車では力が足りない、40キロも出ない。

引き返すにも引き返せない山の中。

人が気持で強くなるとはこんなときですね。
だれにも頼れない一人きり。

少しハンドルを間違えたら崖から落ちる。
これがゲームやシュミレーションでないから心が真剣。
ダメだったからもう一度やり直しに命はないから。

こんな経験をすれば、恋愛でも、仕事でも、色々な事でも一生懸命やってダメだとしても、生きているんだからやり直せるんだと心も座る。

何とか榛名湖についたそこには素晴らしい湖?
そうだよ、こんな大雨では視界が全く悪くてなにも見えない。

何のためにさっきまでもしかしたら俺の人生終わるかもと思って走らせてきたんだ?
なんて思わないかな、自分でしたいから来たからそれも良い。

でも心は少し曇る。
予定としてはそこから日本海に向かい泊るのだけど、この雨でにぶる。

日本海は次回にしよう。
旅は無理はしないことがいいこと冒険家の言葉を思い出す。

今日は松本に泊まろう。
松本城を見る事も目的の大切な目標だし。

つづく