So-net無料ブログ作成

試合は負けて得るものが多い

本日城西五区剣道大会があり、参加させて頂きました。
おかげさまで団体戦優勝する事が出来最高です。

私は15人制の副将。
大将は源流館の館長。

おいおいちょっと待って、これって負けたら源流舘の二人の責任?って荷物重いよ。
試合?
私は八段の審査以外立ち合いもしていなく、まして試合って7年以上していないのに、開催区のAチーム?
Aって優勝目指して渋谷区の選手を選りすぐった中に私か?

前日久しぶりの親友から飲まない?と連絡が入り、9時まででも良いかな?
ナンデ?
明日試合なんだ。
そうか、まだ試合あるんだ。
うん、若い時は二日酔いや、寝ずに麻雀したまま試合に行ったけど、今は試合していないし、勝てるなんて思ってもいないけど、その試合に関わる人たちにいい加減な気持ちで望んじゃ悪いじゃない。


朝7時に起き家の掃除を済ませ、仕事場に入り本日分の仕事を済ませ、パートさんと交代して西原に入ったのは10時少し前。
おおおお、久しぶりの試合か。
忘れていた少しの緊張感が体に流れる。
一回戦は杉並区
前半は相手側に押されてはいましたが、仲間の踏ん張りで盛り返し私は引き分けで大将へつないだ。
そして我館長勝ち!!!
ホッとした。
強いぞこのチーム

二回戦はその気持ちが続き私の前で試合が決まり、よし負けても良いなら面打つか!
と思って行くものの相手の剣先が喉に刺さる。

イテ!

突き俺も行きますよ!
昔東京都の大会で警視庁と当たった時、お互いに突きしか打たない事を思い出した。
剣道の試合は有効打突を目指すのだけど、私の考え、試合は審判がある一定の時間がくれば止めてくれる格闘技だと感じている体になっているのです。

突き!

アアア、打って良いんだ!
そして何度か突きに行く、自分の中ではまだ布石と思っていた突きに旗が上がった。
一本になった!
よし、それなら竹刀が折れるほど突いてやる!
試合は決まっているし、外れて打たれても良いや。

ヨシ!

さっきより良い間に入った感じ、行った、「突き!」
キマッタ!
手ごたえばっちり、突きもしっかり見てるからわかったし、突いた竹刀までグニャッって曲がった、相手は少し腰砕け。
久しぶりの「か、い、か、ん」
審判どうですか?
さっきのを一本であげてくれたから、この突き・・・・
旗は上がらなかった。
まだまだか、それなら面と行くも今度は相手が向かえ突き!
喉痛いよ、もう切れる!
試合は終わりました。
突きで勝ったから良いか。
そして決勝は渋谷区Bチームとの開催区どおしとなり、中盤で勝敗がついたので試合で勝敗より、自分がしたい、試したいすると剣道をしてみようと思った。
あっという間に負けた。

私の試合剣道の人生の中でめったにないない鮮やかな負けっぷり。
でも、これが私の実力なんだと感じましたし、良かった、でも負けるって残る。
やる前は負けても良いし、負けても良いんだ、と思っても本当に負けると昔の悔しい気持も蘇った。
いいね、負けるって、心の底がぐらぐら来る。

勝つ事より、負けた時のこの気持ち、大切。
チームがせっている時ならこんな事は言ってられないけど、しっかり前が決めてくれたから、これを味わえた。
絶対に勝たなくてはいけないと言う気持ち、ほんの少し負けても良いかも?
このほんの少しの負けても良いかもが、試合態度の雰囲気に滲み出る。
審判はなにをしがみ付いても勝ちたいという人を感じる。
ほんの少しでも気が萎えた人は打つ技に冴えが亡くなる。
変な言い方ですが、私が最後に打たれた面は、面に当たっていません、竹刀ですが、でもあれは面ありです。

納得です。

ほんの少し、いや、微かな少し試合の執念が無かったから。
勝たなくてはという覚悟をどこかに置き忘れてしまった。
学生時代に試合に出た時、勝つとか負けるとか、それによって喜び悲しみなんて無かった。
試合?
それは結果的に勝ち進むための事。
感情なんてない、与えられた事をそのとおりする。
どんな汚い試合でも、勝つ事しかないから。
良い試合
そんな試合して負けても意味ない。
非難を浴びても、勝てば記録に、結果に、そしして何より信じてくれている人たちに辛い思いをさせなくて済む。

試合は過酷なんですよね。私にとって
でもね、そんなこと言いながらも、大事な時に負けなくて良かったという安堵感。
渋谷区の代表の皆様、そしてなによりお手伝いの皆様、応援の皆様、本当に有難うございました。
試合が終わり、店に帰り仕事にもどり、ホッとする。

本心は皆と酒飲んで騒ぎたい。

本当に今日はお疲れ様でした。

58歳試合に全力の一日でした。

感謝

お墓参りと植物公園

月曜は良い天気だったので、仕事の合間に植物公園に行って写真を撮ってきた。

その途中には女房のお墓もあり、

あ、お彼岸だと気がつき行ってきました。

親父が眠っているときはお彼岸に行った事がなかった。

墓参りに行くのはお盆と正月の二回

そうだ、お彼岸というのもお墓参りの行事だと改めて感じたのはお墓にはたくさんのお花が飾ってあったから。

家にある仏壇の写真を見ても心が熱くなるけど、そこに骨があると思うとぐっと感じる物もある。

hay 025.JPG

そこからバイクで10分の所に植物公園があり、行って来た。

春に近付き花も良い感じになっていた。

hay 070.JPG

hay 080.JPG

hay 093.JPG

hay 094.JPG

hay 104.JPG

hay 114.JPG

hay 124.JPG

hay 127.JPG

hay 132.JPG

hay 142.JPG

hay 164.JPG

hay 303.JPG

hay 326.JPG

季節の変わり目には植物の化粧がありますね。


大好きなドラマが終わってしまった

あまりテレビを見ないんだけど、大河ドラマの真田丸にどっぷりはまり、それが終わった時はもうがっかり。

真田丸終わって見るものなし!

でも、フジテレビの嘘の戦争が始まり、ああああ、ここに出ている俳優さんたちすごく好きという事から一話を見たら、完全にはまりました。

前作の金の戦争もがっちりはまったので期待して見ただけに期待を裏切らないスタートが嬉しかった。

いよいよ最終回。

この結末はどうなるのか?

予想がつかないし、自分なりに考えた終わり方なんかより、素晴らしい締めくくりだったと感じました。

嘘はダメ、でも私もよく嘘つきと言われます。

すみません。

でも、嘘やずるや、ちっょとごまかす事はやってしまうこともあると思います。

昔弟子に言いました。

先生はなぜ嘘をつくんですか?

そうか、嘘ってわかるか。

はい

それなら良いかな

え、

俺はわかりやすい嘘をつくようにしているから。


弟子はなんか納得してくれていました。

はじめから、この人嘘ついてると思ってくれているのなら、笑ってすませる程度の嘘なんだとね。

でも、わたしは相手を落としこませるような嘘はついた事はありません。

なぜなら、相手を咎めたいなら直接本人に言うからですね。

それが毒舌といわれているのかもしれません。

それにしても、嘘の戦争のドラマが終わってもうがっかり。

三月の休みは横須賀

三月の休みは横須賀
休みは少ないと有難味を感じますね。
月に一回だからどこに行こうかなって考えているのも楽しいものです。
たくさん休みがあり過ぎてもお金使っちゃうから今の方が良いかもしれませんね。
先日NHKで横須賀の軍艦が見える公園の特集をやっていてちょっと興味が湧き、そういえば横須賀ってまだ行ったことないなぁと思い行ってきましたよ。
休みの朝は早起きが苦じゃないのは子供の時からですね。
一週間分の掃除と布団干し、晴れている日は気持ちいいものですね。
電車だって一人で乗れるようになりましたよ、今はカードがあるから簡単で良いですね。
新宿から横浜に行き、京急に乗り換え横須賀中央駅に着いた時はまだ10時前、なんと家から1時間半で着いたのには驚きです。
あまり下調べをしていなかったので行ったらわかるでしょ的感覚は私らしい。
まぁ、一人ですので行きつかなかったらそれもまた良しですね。
とりあえず三笠公園に行き船で猿島に渡る事にしました。
その途中で軍艦が見えるのかな?
切符売り場の人に聞くと、軍艦が見える船は別な所からと聞いた時はもうチケットを買っていたのでとりあえず猿島に行く事にしましたよ。
戦争のために無人島を要塞のようにした事はうっすら知っていましたので、それもちょっと興味ありですね。
猿島に着くとやはり戦争の事を感じましたね。
レンガの壁やトンネル、大砲があった土台など日本じゃないみたい、説明によると島が小さいので重機は入らず、このようは物は全て人の手で造られたとのこと、人の力ってすごいと感じましたね。
ゆっくり一廻りして猿島を後にしました。
自然も多く、釣りをしている人やバーベキューをしている人など楽しそうでしたね。
石器時代の人が住んでいた後もあり小さい島にしては色々な事を含んでいる島なんだと感心しましたね。
晴れているときの海風は最高ですね。
その後 軍艦の見える公園&クルージング

pp 036.JPG

pp 045.JPG

pp 269.JPG

pp 249.JPG

pp 290.JPG

pp 357.JPG

pp 361.JPG

pp 380.JPG

pp 385.JPG

pp 389.JPG

pp 398.JPG

pp 402.JPG

pp 430.JPG

pp 464.JPG

pp 505.JPG