So-net無料ブログ作成

大井競馬のナイター競馬

大井競馬のナイター競馬1 ほっこり的な写真


昔の地方競馬といえば柄が悪く、酔っ払いの親父がパドックで輪乗りしている騎手に向かって「下手くそ、しっかり走れよ!」なんてヤジを飛ばし、騎手も負けずに「うるせーな、酔っ払い」と言い返すのが三十年前の光景。

中央と違ってパドックも、馬場も近いからなんか仲間意識みたいに感じるんでしょうかね。

まぁ、それも楽しいっちゃ楽しいんだけどね。

私の親はギャンブル好きだったから、子供の頃競馬や競輪、競艇も行きましたね。

子供心に一番怖いと感じたのは競艇の雰囲気ですかね。

今じゃどれも綺麗で安全、ガラも悪くないみたいですよ。

大井競馬場は逆に府中競馬場より明るいというか、なにしろ都心にあるし、ナイターだと会社帰りの人たちや、デートコースのようにもなっているみたいですね。

食事も色々あるし、美味しいんですよね。

大井競馬は馬の名前も面白い
そんな中でも私がうけたのは「ネコグンダン」馬に猫と名前をつける。

uy 168.JPG

uy 172.JPG

uy 182.JPG

それがまた可愛いんですよ、めんこ(競走馬にかぶせる覆面のようなもの)が猫の絵になっていたり、それも二パターンあり、こんなこと中央競馬では絶対に無いし、引いている人のヘルメットにはニャロメの絵が手書きで書いてあったのですよ。

オーナーは猫が大好きなんでしょうね。

uy 196.JPG

写真を撮っていると騎手が私に気がつき、カメラ目線で薄い笑顔をしてくれているのも大井競馬ならでわですね。


少しお腹が減ったのでローストチキンを買いました。

uy 200.JPG

府中では必ず天丼を食べますね。


これがなかなか美味しいんですよ。

そしてレースに勝つと表彰式や記念撮影があるのですが、なんともこじんまり。

uy 222.JPG

そして日が沈むとライトアップされて競馬場が浮き上がるような感じなんです。

uy 391.JPG

綺麗ですよ。

誘導場のおねいさんは素敵ですし、私にカメラに手を振ってくれた。

uy 419.JPG

uy 497.JPG

ちょっと嬉しかったですね。


メインレースには女性五人のファンファーレがありました。

uy 426.JPG

uy 516.JPG

間近で見られてまたまた感動。

カメラの角度が、おねいさん鼻で吹くみたいに見える。

ゴール番近くに車椅子のおばーちゃんがいて、にこにこ笑顔で返し馬を見ていた。

「写真撮らせていただいて良いですか?」と声をかけ、シャッターを切った。
馬が好きで見に来ているとの事、人も少ないからゆっくりじっくり見える。

ここは間近で馬の走る姿が見えるし、躍動感も伝わってくる。

この写真今日一番良いかもしれない、大井競馬場のPR写真

uy 471.JPG

「馬が大好きだから、大井競馬」
これで広報部にでも投稿してみようかな。


以前来たときは指定席で上から見ていたし、そのときはカメラも趣味ではなかったから大井競馬の楽しみ方が半減していたかも、こんなに近くで写真が撮れる、邪魔なものがあまりない。

たくさんのカメラマンがいて、少し話もして設定など教わったことは何よりも収穫でしたね。


私の買ったカメラはやはり前のとは機能が数段上みたいです、というのはカメラを見てもらいこのカメラならこの位ISO感度を上げても大丈夫とか、シャッタースピードはこの位が夜競馬には良いなど、親切に教えてもらいました。

競馬は少し負けたけど、得るものは多かったかも。

競馬の写真を撮るのなら、府中よりも大井の方が良いですね。

有名なお馬さんは走らないけど、すごく撮りやすいです。

また来ようかな


私の今はまっているもの

毎日暑いですね。

私の仕事場は40度あります。

だからシャツは一日に三回着替えますね。

7時に店に入り仕上げの仕事をして汗びっしょり、9時30分配達に行くのでワイシャツに着替え、走り回り汗びっしょり、店に戻りTシャツに着替え、翌日の準備仕事で汗びっしょり、3時頃店番になるので着替えます。

水分もかなりとりますね。

でも、仕事をしているという事、いや仕事を頂けていることへの有り難さ。
そっちの方が暑さより心地いいですね。

もし仕事が無くなってら、汗も冷汗に変わりますしね。

最近はまっている物ベスト3



まずはカメラです。

壊してしまい新しく二コンD7200を買いましたが、これがなかなか私には手ごわいというか、シャッターを切るたびに、げ、全くだめじゃない、おおお、なんでこんな雰囲気の写真撮れた?

あああ、設定覚えてなかった。

もう、毎日心変わりの激しい素敵な女性に恋しているみたいに、どれが良いのかわからないけど今向かっていますっていう雰囲気。

次はスマホ

やっとスマホデビューしました。

携帯は連絡だけで充分、ネットは家に帰ってやればいいと思っていたから、スマホは買わないと思っていたのですが、なにやら料金的にはガラ系より安くなるという事を聞き、売り場に行くと色々と説明を頂きスマホデビュー割という事で一番安く設定なら、月に四千円位とのこと。

仕事柄長電話はしませんが、ちょこちょことお客様への電話をかけるので月に六千円位になるので、この際スマホに変えるかと思い新宿で買いました。

買った、そしてどうする?

電話もなんか違うぞ、メールだってなんか今までとは違うし、ラインとフェイスブックに至っては登録がなかなか厄介。

なんか、やっぱり買わなきゃよかったと思ったけど、子供たちが手助けしてくれてもろもろ整いました。

そうすると、色々と興味が出てきたし、これってどうすればいいの?

私は指も大きいからメールなどの打ちこみが厄介なのです。

もう嫌だな、ガラの時は意外と速く出来たのに一行打つのに三分もかかってるし、本当に早くみんなみたいに打てるのかと不安になったけど、子供が音声入力もあると教えてくれてやって見ると、これがなんとも良い感じ、もちろん変換が思うように行かない事があるけど、その部分だけ後で治す。

音声入力の事を言うと、ほとんどの人がそれは使った事が無いし、先に行ってますねって褒められているのか、バカにされているのか分からないけど、一般的ではない事だけは間違いないみたい。

でも、とりあえずは今ちょっと時間があるとカメラとスマホをいじくっています。

そして三番目はラジオ

午前9時30分から12時位まで毎日配達なんですよね。


今までは落語CDや歌CDを聞いて、ラジオはまったく聞かなかったのですが、ある時FM埼玉を聞く事があったのです、なぜFM埼玉かって? 

車のラジオを聞いたいなかったので何に設定されているかもわからず、スイッチオン!

その時たまたま入ったのがFM埼玉。

通称、ナック5(NACK5)

私の配達時間に流れてくるのは「 monaka」

9:00-12:40 パーソナリティ:池辺愛さん

すごく素晴らしい企画や豪華景品盛りだくさんがあるわけではないのですが、流れてくる池辺愛さんの声が実にほっこりして、私にはあっているんです。

これは馬鹿にしているのではなく、褒めているコメントですよ。

本人の声、話し方が魅力的だと言う意味ですので間違えないでね。

ラジオは画像が無いからその声だけで自分のイメージが膨らみ、また時には、なんかあたふたしているコメントが流れると頑張れ~~~って応援したりしちゃうんですよね。

リスナーからのコメントに対して単純にイエスばかりではなく、それ違うよ、でもねその気持ちもわかる、こんな感じで相手に伝えてみたら、なんて言う感じ。

私もよく人に相談を持ちかけられることもあるのですが、それはこれ!的に済ませてしまう事はいけないのですよね。

やはりまずはじっくり聞いてあげる事、そして共感してあげる事、押し付けじゃなくアドバイスの一つになればという柔らかさ、勉強になります。

今は暑いから車の中のクーラーは本当に安らぎますし、その中でお気に入りのラジオがある事、癒されます。


実は二回ほど池辺愛さんの「 monaka」に投稿しました。

なぜって、読んでもらわなくても抽選で記念シールがもらえるとの事です。

面白いコメントなどかけませんが、シール欲しさにですね。

人生初めての投稿でした。

そして今日聞いていたらなんとも言えない歌が流れて来て、聞き行ってしまいました。

朝倉さやさんという人です。

初めて聞きました。

家に帰り調べてみたら歌良いんですよね。

良かったら聞いて見て下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=no_q2e1XoKk

歌を聞いていたら沖縄の人かなって思ったのですが、山形の人でした。

そして色々な歌を山形弁で歌っている事を知りました。

そしてその中に木綿のハンカチーフがありました。

私が子供の頃初めて買ったレコードです。

その時は詩の内容を全て把握できていなかったですね、今聞き直したら心に響きました。

https://www.youtube.com/watch?v=HxWTY2Ib0Mk

暑い日が続き少し気も緩みがちですが、ラジオから流れてくる声や歌に背中押されて頂き、仕事、生活頑張らないとですね。

カメラ、スマホ、ラジオ、みんな機械ではあるけど、その中に全力で頑張っている人たちが今の生活を楽しく過ごさせて頂けていると感じています。

2017府中競馬場の花火

三年くらい前から府中競馬の花火大会に行ってます。

今年は新しいカメラでの撮影で出来上がりが不安でしたが、少しは見られる写真もありホッとしています。

一眼レフは自分の設定で楽しむ事がなにより、ただ綺麗に撮りたければデジカメでの方が良い写真もあると思いますが、そこの際にいる私としてはなかなか難しい所でもあります。

でも、失敗しながらも積み重ねていくからそれもまた面白いのだと感じています。

om 066.JPG

om 057.JPG

om 067.JPG

om 071.JPG

om 079.JPG

om 085.JPG

om 082.JPG

om 087.JPG

om 088.JPG

om 098.JPG

om 099.JPG

om 100.JPG

om 101.JPG

om 103.JPG

om 104.JPG

om 106.JPG

来年も行こうと思いますが、その時までにもう少し勉強します。

新しいカメラが来ました

二日前にネットで注文したカメラが届きました。
色々調べて今の自分のカメラ知識と支払える金額をミックスして絞り込み出したのが二コンD5500とD7200
このカメラは現在販売中止になり、新機種D5600とD7500に移行していますが、中味は私の知識レベルより完璧に上ですね。
D5000、7000シリーズのわかりやすい違いは、設定をカメラがやってくれるか、自分でやる楽しみを感じ変化を感じられるかの違いですかね。
変な話ですが、知識が無い人ならD5000シリーズの方がよく撮れるし、安い、軽い、これって一眼レフカメラを初めて買う人の何よりも希望する事だと思います。
だから私でさえ、少しは撮れましたが、D5100でも自分設定だとなかなか上手くいかない事もありましたね。
モードを使うと良い感じに撮れましたね。
そんなわけでまだまだ私は初心者に毛の生えたような者なのでD5500を買う事に決めました。
それから連日仕事を終え家に帰ると、ネットオークションと、通販、そして少しの時間を利用してヨドバシとヤマダ電機に行き店員さんと話もしました。
高価なものを買うときってやっはり自分なりに納得して買いたいのですよね。
もし、本当は一般的には違っていたかもしれなくても、自分が納得したんだからそれで良いと思うのが私なんですよね。
そして、最後の〆と思い新宿の二コン展示場に行きました。
ここはカメラの事を聞けたり、色々なカメラが展示してさわれる。また修理などはしても販売はしないあくまでも利用者のサポートな場所で、私は初めて行ってみました。
本当に色々ありました。
二コンのカメラの事ならなんでも教えてくれますよ。
売り場じゃないからカメラの比較を聞いても、掛け値なしに教えてくれる。
そこで私はD5500の事を聞くと店員さんから逆に質問をされ、それに答えながら話して行くと、「それだけのカメラ経験と理解力があればD7200の方が私は勧めたいですね」
と言われたのです。
「はじめは上手く撮れないかもしれませんが、ぶれたって、焦点が合わなくても、自分の感覚みたいなものが楽しめますよ」
「もちろんD5500も良いカメラですが、どうしてもカメラがやってくれてしまうので、そこに落ち着いてしまうから、7000シリーズで自分らしい撮り方をチャレンジもカメラ楽しくなりますよ」
心完全に動きましたね。
よし、D7200に決めた!
そしてネット通販で買いました。
本日来まして、セッティングして試し撮りしました。
やはりはじめはオートモードで確認、そして苦手な説明書を読んでいじくりました。
二コンだからほとんど同じなので理解も出来ましたね。
もちろんモードもついているので初心者でも良いのですが、やはり設定などをいじくると色々な事を理解しないとやはり難しそう。
でも、これから使っているうちに慣れてくれるでしょう。
久しぶりに持つ一眼レフの感触は良い物ですね。
原宿の仕事も本日で一段落、無事に終わりました。
約40日間毎日の集配と洗濯、病気や怪我にならず出来た事は商売というより、相手様にご迷惑がかからなかった事が何よりホッとしています。
たくさんの仕事を頂けた事に感謝しています。
少しですが早速撮った写真を載せました。

17-07-04_001.JPG

カメラは携帯で撮ったのでこんなカメラという感じです。

そして記念すべき最初の一枚はやはりお店

hi 001.JPG

そして自分

hi 038.JPG

というのもリモコンが使えるかとテストも兼ねてですね。

hi 013.JPG

店の前のモツ鍋屋さんはカラフルでカメラの色調整にはとても良いです。

そして店前の花

hi 006.JPG

家ではおかめちゃんがモデルです。

hi 066.JPG

hi 072.JPG

hi 073.JPG

hi 075.JPG

hi 079.JPG

上級者の入口的カメラD7000シリーズ

D7200はを手にしての感想は次回とします